gel20150925

美容成分として「プラセンタ」という言葉をよく耳にするようになってきましたが、化粧品として使用する場合どういった働きがあるかをご存知でしょうか?化粧品にもよく利用されているプラセンタの効能について紹介します。

プラセンタとは、哺乳類の胎盤から抽出された有効成分のこと。このプラセンタには、胎盤から生成された成長因子が含まれており、それが細胞の修復や活性化を助ける働きをします。

体のあらゆる場所でその作業が行われるので、体調が良くなるなど様々な効果をもたらすのです。プラセンタを体内に取り入れる方法としては、サプリメントによる摂取や、注射・点滴があります。

しかし、プラセンタの副作用として、細胞の修復のため体がいつも以上の栄養素を必要とし、そのせいで太ってしまうこともあるとか。その点、化粧品なら直接体内に作用することがないので安心して仕様できますよ。

若々しい肌を手に入れるにはプラセンタ化粧品

プラセンタ化粧品を使用することによって、肌の細胞が活性化され、ハリを取り戻すことができますから小じわなどの予防にもなります。プラセンタを化粧品に配合して得られる美白効果はとても高く注目されています。

化粧品に含まれるプラセンタが肌の角質層に浸透することにより、肌のターンオーバーが促され、シミ・ソバカスの改善や美白などの効果が大きく期待できるのです。

⇒ プラセンタサプリの人気ランキング

ageing74523093

肌のたるみにもプラセンタ

たるみプラセンタオールインワンゲル肌のたるみって自分では気づきにくいですよね。シワやしみに比べても鏡を毎日みているのにその肌の変化を見逃してしまいます。

一度たるんでしまうとすぐには元に戻すことはできませんから、手遅れにならないうちにケアすることが必要です。まずはたるみ肌にならないために、その原因となるメカニズムを見ていきましょう。

皮膚の構造というのは筋肉の上に皮下組織、真皮、表皮と重なってできています。赤ちゃんや子供、若いうちはこの肌にうるおいがあります。

これは皮膚の細胞分裂が活発に行われているので新陳代謝が高い状態にあるからです。新陳代謝が高いと弾力のある肌を維持することができます。

お肌の曲がり角は25歳ともいわれていますが、肌が老化に向かっていくのは、なんと20歳を過ぎるとすでに弾力、柔軟性も低下してくるといわれているのです。早すぎますよね!

まだまだピチピチなお肌の維持しているイメージのある20代前半でももう老化が現れているなんて、とてもショックですが、アンチエイジングケアを行うことで、シワやたるみができるのを遅くすることができますよ。

肌の老化によるたるみには、プラセンタ、コラーゲン、ヒアルロン酸などが配合された化粧品が効果があるとされています。20代から衰えてくるお肌を活性化してたるみ予防、改善していくには肌細胞を活性化させるプラセンタ、保湿効果の高いコラーゲンなど配合している化粧品を使うことが大切です。

プラセンタ配合たるみに効くオールインワンゲル

美白効果も高く、肌を若返らせてくれるプラセンタ配合の化粧品にもいろいろな種類がありますが、小じわなども防いでくれる無添加コスメではこちらのオールインワンゲルがおすすめです。

保湿効果が足りないことが多いといわれるオールインワンゲルの中でも超乾燥肌、敏感肌でも使用できるうるおいを十分に与えてくれるゲルで、プラセンタのほかにも多くの美容成分が含まれています。

40代向けオールンワンゲルランキング

天然ヒト型セラミドでうるおいUP、敏感肌改善!
シュセラ モイストゲル
⇒ シュセラ モイストゲル 公式サイトへ

シミ、そばかすを消したいなら

⇒ シミウス「ホワイトニングリフトケアジェル」公式サイトへ

TVショッピングでも人気!敏感肌、乾燥肌の保湿ケアに!
毛穴ケア
⇒ メディプラスゲル 公式サイトへ

⇒ オールインワンゲルで小じわ予防!40代の乾燥肌、敏感肌に効くランキング