hydd21

ハイドロキノンを使用しているとごく稀に肌に赤みが出てしまうことがあります。これはハイドロキノン独特の副作用の一種で、ハイドロキノンの効果が高すぎることで起こってしまう症状です。

一般的な化粧品だった場合、肌に赤みが出た時点でそれ以上状態が悪化しないようにするために使用を中止しますがハイドロキノンの場合は違います。

ハイドロキノンの場合、多少肌に赤みが出たとしても使用を続けることで赤みが少しずつ引いていくことがあるのです。これは皮膚科で処方されいるハイドロキノンでも同じで、多少の赤みが出ても医師の診断の下、治療が続けられていくケースもあります。

もちろん、ある程度使用を続けても赤みが引かなかったり、赤みの程度が異常だと判断できた場合はその時点で使用を止める必要があります。ただ、素人にはその判断はなかなか付きませんよね?そんなときには無理に使用を続けようとせずに皮膚科の診察を受けたり、メーカーに問い合わせをしてみるといいかもしれません。

無理に使用を続けたことでさらに症状が悪化したり、時にはハイドロキノン使用前より肌状態が悪くなってしまうこともあるのです。⇒肌が赤くならないハイドロキノンもあります

ハイドロキノンは使わないほうがいいの?

hyd466

ハイドロキノンは美白効果に優れた美容成分として人気を集めていますが、これまでと同じ肌に刺激を与えるようなハイドロキノンクリームを使いたいのなら、肌の弱い人や敏感な人は一度かかりつけの医師や皮膚科で相談してみることをおすすめします。

ハイドロキノンは美白効果が高い分、肌に負担を与えてしまうこともあるということでもう使うのが怖い!と止めてしまったり、こういった噂や口コミを見てシミが酷いけど消すのは諦めようと残念に思っている方も多いでしょう。

肌が弱くなくてもこういった刺激が強いという情報があると初めてなら使用するのに度胸が必要になりますよね。

副作用なし!肌にやさしいハイドロキノンがある!?

実はハイドロキノンの美白効果はそのままにもっと安全に肌を傷つけないで使えるハイドロキノン配合コスメが開発されています。これまではハイドロキノンを使う時にはとても注意が事項が多く、それに沿ってケアしても肌が赤くなったり、ピリピリしたり、しまいには顔が全体的に腫れてしまったという話までありました。

折角、美白効果が高い成分なのにもったいないとたくさんの企業が副作用のないハイドロキノンの研究して、すでに数種類の安定しているハイドロキノン化粧品を発売しています。

アンプルール ラグジュアリーホワイト HQトライアルキット
anp-hq

肌が赤くならない!安全を考えた新安定型ハイドロキノン配合の美白コスメです。ハイドロキノン以外の美白成分としてアルブチン、プラセンタエキスもたっぷり!

価格:初回限定 1,890円

ラグジュアリーホワイト 公式ページへ

 

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

bg

定番美白化粧品として知られるビーグレンのQuSomeホワイトクリーム。ハイドロキノン、シムホワイト377を配合しておりシミ、くすみにしっかりと働きかけます。

価格:6,000円

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム 公式サイトへ

 

 

安心して使用するために・・・

しみを解消するための化粧品として話題のハイドロキノン。シミやニキビ跡のように肌に残ったメラニン色素はハイドロキノン配合のクリームなどを使うことで解消することができます。

ハイドロキノンクリームは各メーカーによって差はありますが、そのほとんどはハイドロキノン濃度が1~3パーセントのものです。この濃度は皮膚科で処方されているハイドロキノンクリームに比べると低いですが、その分安全性が高く、素人でも安心して使用することができるものが多いです。

ハイドロキノンクリームの実力は、もちろんメーカーや使用方法によっても異なりますが、美白効果はかなり高いといわれています。というのも、ハイドロキノンという成分は肌に取り込まれるとシミやニキビ跡に含まれるメラニン色素に直接働きかけるからです。

間接的に働く美容成分ではなく、メラニン自体がそれ以上増加することを抑えるてくれ、さらに、新たにメラニンが生成されないようにもするので美白という点ではメリットの多いアイテムなのです。メラニンが増加せず、生成もされなければお肌のターンオーバーによって徐々に排出されていきますから、シミやそばかすが薄くなってくるのは当たり前なのです。⇒副作用がないハイドロキノン

ハイドロキノンはどのくらいで効く?

haidorokkkもちろん、効果の実感には個人差がありますが、ハイドロキノンクリームを毎日使用して半年ほど期間をかければ肌の状態もかなり改善されてきます。ハイドロキノンクリームとの相性が良かった場合は早くて数週間で、「濃かったシミが薄くなった」「できかけていたシミが消えた」などの美白効果を実感するという人もいます。

ハイドロキノンクリームは毎日の肌ケアに取り入れることで効果も高まっていきますが、肌を傷つけるような強い成分のものは取り扱いにも注意が必要です。特に海外からの輸入されたものなどは日本人の肌にあっていないことがあったり、使い方も調べようがないこともあります。

ハイドロキノン配合のコスメは一部の商品では副作用も予想されますから、決められた使い方をしないと肌荒れどころではない肌トラブルにもなりかねません。安全にハイドロキノンクリームの実力を最大限に引き出したいときには、小まめな肌ケア、毎日の肌チェックを怠らないようにしていきましょう。そうすることで美白への道のりも確実に縮まりますよ。