特に季節の変わり目、秋冬でなくてもエアコン、暖房で1年中、肌の乾燥が気になる女性は多いです。特にフェイス部分の肌が乾燥すると小じわ(乾燥シワ)、ちりめんじわを作る原因になったり、角質がカサカサすることでお化粧のノリが悪くなり大変気になるものです。

季節に関係なく常に乾燥肌で悩んでいる人も多い現代ですが、まず乾燥肌が気になったら、一番にやりたい対策としては「適切な化粧水でケアする方法」がおすすめです。では、どんな化粧水が乾燥肌に効果的なのでしょうか。乾燥肌の症状と共に、詳しく見ていきましょう。

乾燥肌って?

秋から春にかけては、乾燥する季節が続きます。また夏の冷房や冬の暖房による乾燥も、肌には大敵です。外気の乾燥は肌にも大きく影響し、肌トラブルを起こしやすい状態になります。

乾燥肌の一般的な症状は、肌表面がつっぱる感じがしたり、カサカサして粉を吹いたような状態になります。肌内部の水分はもちろん、油分も少ない状態と言えます。

放置しておくと、かゆみが出る、赤くなると言った症状に発展することもあり、さらに化粧品がしみると言った敏感肌の症状に発展する可能性もあります。肌の乾燥が気になり始めたら、早目に適切なケアを検討してみましょう。

乾燥肌には高保湿成分が入った化粧水がおすすめ

乾燥肌の場合、その症状を改善するには保湿効果が高い成分が入った化粧品を使うことが大切です。特に乾燥肌のケアの場合は、肌に最初につける化粧水に保湿成分がたっぷり入ったものを使うことがポイントになります。

保湿効果が高い成分と言えば、セラミドです。高保湿成分として有効で、このセラミドは肌内部にある成分として、潤いを保つ働きがあります。肌の乾燥が気になった場合のケアには、セラミド成分がたっぷり入った化粧水がおすすめです。

セラミド配合の乾燥肌に効く化粧水

乾燥肌を改善し、美肌を維持するためには、気になった時だけスキンケアに必死になるのではなく、毎日コツコツと保湿ケアを続けることです。毎日使いやすい、肌の水分量をアップするために最適なセラミドを高配合している化粧水を紹介します。

ビーグレン 保湿ケアプログラム


ビーグレンは美白やシワ消しクリームなどで人気のドクターズコスメです。保湿ケアに重点を置いた高配合のセラミドとそのセラミドを増やす保湿型ビタミンC誘導体(3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸)を使うことで長時間うるおいをキープすることができます。

⇒ ビーグレン 保湿ケアプログラム 公式サイトへ

アヤナス トライアルセット

ポーラ・オルビスから発売されている乾燥肌、敏感肌のためのエイジングケア化粧品シリーズのayanasu(アヤナス)。セラミドケアでお肌に優しく、肌に張りを与えるコラーゲン産生量も170%アップというデータもあります。特に目元、ほうれい線が気になる方に。

⇒ アヤナス トライアルセット 公式サイトへ

乾燥肌専用の化粧水が効果的

化粧水の種類を見ると、乾燥肌専用のものが販売されており、高保湿にこだわったものが多くなっています。セラミド成分の配合はもちろん、その成分も浸透しやすいタイプのものを配合している場合もあります。

また保湿効果を高めるその他の成分や、肌本来の働きを促してくれる成分なども配合して、乾燥肌のケアにこだわっています。症状が酷い場合は、そのような乾燥肌専用の化粧水が効果的でしょう。

ヒアルロン酸も保湿効果が高い成分

たっぷりセラミド成分が入った化粧水の場合、高価であるケースが多くなっています。乾燥肌の症状が軽い場合は、同じく保湿効果が高い成分であるヒアルロン酸が入った化粧水もおすすめです。

どんなに肌に良いと言っても、高い化粧品を続けていくのが難しいと言うこともあります。そんな場合は、肌の改善が見られたら購入しやすいものに切り替え、使い分けていけば無理なく続けられるでしょう。

できるだけ無添加の化粧水を選んで

乾燥肌の場合、肌表面のバリア機能が衰えており、ちょっとした刺激でもトラブルを起こしやすい状態と言えます。化粧水の成分に香料やアルコールなどの刺激が強い成分が含まれていると、しみる場合や赤くなると言ったトラブルが起こる可能性があります。

それらの成分が含まれていない無添加の物であれば安心して使えますから、おすすめと言えます。一般的にどんな化粧品でも、人それぞれに合う場合も合わない場合もあり、個人差があります。乾燥肌の化粧水を選ぶ場合は、まずはトライアル品などで試してみる方法が良いでしょう。

保湿効果が高い乳液やクリームの併用を

乾燥肌のケアには保湿効果が高い化粧水の利用に加えて、油分の補給や水分を逃さない化粧品の使用も大切です。乳液やクリームは、油分の補給とともに肌の水分を保ってくれる役割があります。高保湿の化粧水の利用とともに、乳液やクリームを併用して乾燥肌の対策を打ちましょう。

乳液やクリームも、乾燥肌対策用のタイプがありますから、状態に応じて利用するとよいですね。普段から肌の乾燥を防ぐためにも、適切なお手入れを続けていくことが肝心です。

普通の保湿ケアでは間に合わない!なら美顔器も

同窓会やクラス会で何十年ぶりに同級生に会うとか、同年代のあの人よりも老けて見えるのをどうにかしたい・・・早く若々しい肌を取り戻したいのなら、こういった保湿ケアできる化粧水を使いながら、週に1回~2回、美顔器を使う方法がおすすめです。

美顔器にも種類がありますが複数の機能を兼ね備えた美顔器がほどんどですから、導入する美容液を変更したり、たるみ解消、リフトアップのためにEMS機能があるものがいいでしょう。フェイスラインの崩れも予防することができます。

⇒ 40代におすすめの美顔器はこちら