biganki1756

お肌のトラブル改善には、美顔器を使うのが良いとは聞いてはいても、種類が多すぎてどれを選べば良いのか分からなかったり、効果が無かったという口コミを見てしまうと、使うのもためらってしまいますよね。

いくら性能の良い美顔器を使っても、希望する効果と合わない機械を使ったのでは、満足するだけの効果は得られません。失敗しない美顔器の選び方ってあるのでしょうか。

美顔器には種類がいっぱい

ひとくちに美顔器と呼ばれるものでも、そのタイプはいくつも存在しています。手軽なローラーやスチーム、馴染みの深い超音波や高周波、イオン導入にレーザーにLED、最近ではEMSやポレーションもよく見かけるようになりましたよね。

特に初めての美顔器だと、口コミの良さや割引率で選びたくなってしまうものですが、種類が違えば当然、お肌に与える影響だって違いが出てくるものなんです。お肌の状態に合わない機械を使っても、期待するような効果が出ないのは当たり前ですよね。改善したい症状に合わせ、美顔器を選ぶようにしましょう。

あなたの気になる肌トラブルは?

乾燥、たるみ、むくみ、毛穴の開きや黒ずみ、ニキビ痕など、お肌の悩みもひとそれぞれ違います。口コミや価格も大事だけれど、悩みに適したタイプの機械を選ぶのは一番重要なことです。

たるみ、ほうれい線、しわ対策
エイジングサインが気になるのなら、超音波、ポレーション、EMS、高周波、ローラーが向いています。

小顔対策
余分な水分や体液を流してむくみを改善したいなら、超音波、EMS、高周波、ローラーが向いています。

毛穴開き、黒ずみ、繰り返すニキビ対策
毛穴トラブル対策には、超音波、イオン、光、ポレーション、LED、特に黒ずみが気になる場合はスチームが向いています。

美白対策
くすみを消してトーンアップを目指すなら、超音波、イオン、レーザー、光、LEDですが、シミ、そばかすを目立たなくしたいのなら、イオン、レーザー、光を選びましょう。

ニキビ痕対策
ニキビ跡の黒ずみやクレーターを改善するには光やポレーションでも無意味ではありませんが、やはりレーザーが一番効果的です。

悩みがいくつもあって選べない時にはどうすればいい?

biga61

お肌のトラブルが一種類なら選ぶのも簡単ですが、いくつも改善したい症状がある時には、どのタイプの美顔器を選べば良いのか悩んでしまいますよね。

見た目年齢を若返らせるのには、超音波、高周波、EMS、肌質を良くしたいのなら、レーザー、イオン、光が得意です。どうしても選べないというのであれば、幅広い効果のある超音波かレーザーを選びましょう。ただし、超音波にはニキビ痕には効果が無く、レーザーにはむくみ改善効果はありません。

見落としがちなランニングコストも考えて

お肌の悩みから美顔器のタイプが決まったら、ランニングコストもしっかりと見極めるようにしましょう。美顔器には手持ちのコスメを使用するものと、専用の美容液やジェルを使用するもの、専用カートリッジを必要とするものがあります。

いくら性能の良い美顔器でも、短期間でお肌が劇的に変化するものではありません。本体価格だけで機械を決めてしまうと、エステに通った方が安かったなんて事になる恐れがあります。

・お肌の悩みに合っているか
・本体価格は適正か
・ランニングコストはどれくらいかかるのか

せっかく買った美顔器を無駄にしないためには、機能やコストはちゃんと確認してから買うようにしましょう。

⇒40代にオススメの美顔器ランキングはこちら