光を使った美顔器は、肌の深部に肌に有効な光りを入れることによって、メラニンにダメージを与えます。そして、肌内部のコラーゲンを活性化させて、増やしてくれます。

光を照射をすると、肌がモチモチして、シミ・シワの改善効果も期待できます。他にも、赤ら顔やお肌のハリ、引き締めなどの効果があります。

効果が高いと心配なのが副作用ですね。光りを照射して危なくないのか、本当に効果があるのか等、光を使った美顔器についてみていきましょう。

LED、EMSなどの機能がある美顔器⇒ ララルーチュ レジーナ

光エステができる美顔器の効果

美顔器を使った光治療で、メラニンを破壊し、高周波電気により真皮への温熱効果をもたらします。表皮にダメージを与えることなく、真皮へコラーゲン生成を促進することができるのです。

光を照射するお手入れ方法は、即効性はありませんが、継続していくことで徐々に効果が出てきます。即効性がない代わりに、安全性が高いケア方法です。

顔に毛細血管が浮き上がって見える赤ら顔の解消にもなるんです。LEDの光を照射することによって、顔の表面の余分な毛細血管が縮小させるので赤ら顔の症状をでないように改善することができます。

それから、年齢と共に新陳代謝が衰え、色素が陳謝してできるシミやソバカスは、光を当てることで、茶色く浮かび上がり自然に剥落します。

細胞が刺激されで肌のハリが蘇る

加齢によって減少していくコラーゲン。コラーゲンは肌の土台になる部分に必要な成分なので減少することでたるみ、シワができやすくなります。

コラーゲンは、繊維芽細胞から作りだされますが、光を照射することで、線維芽細胞が刺激され、肌の張りを取り戻すことができるのです。結果として、毛穴を引き締めたり、小じわを目立たなくし、きめの整った肌に改善していきます。

中には、光によって角栓が多くオイリーだった肌が改善されて、メイクが崩れにくくなったという人もいます。

美肌に効果がある光の種類

紫外線を浴びるとシミやシワの原因になるのに、美顔器で光を当てると何故美肌効果を得ることができるのか不思議ですよね。

これは、LEDという光やIPLといった光を使っているからなんです。LEDは、紫外線を含まない光なので、肌に安心して照射することができるんです。

LEDは、光りの色によって効果が異なります。赤は、コラーゲンの生成や血行促進、緑は色素沈着を改善、青は肌の清潔を保ったり、毛穴を小さくします。そして、黄色はリンパの流れを改善して、肌の代謝をアップさせる効果があります。

白は、リフトアップ効果があります。LEDのブルーライトは、目に良くないと言われていますが、ニキビ肌に照射すると、ニキビが治りやすくなります。

一方、フォトフェイシャルと呼ばれているタイプの光は、IPLという光で紫外線をカットして照射することができます。黒い色に反応するため、シミやそばかすに反応してメラニン色素を浮かび上がらせていくことができます。

LEDのように光が色分けされていないので、照射することで、複数の肌悩みを改善することができます。光りを当てる際には、顔全体にジェルを塗ります。ジェルによって、光を顔に万遍なく照射することができるからす。この方法は、光脱毛で施術前にジェルを塗るのと同じ原理です。

もちろん、家庭用の光美顔器でなく光エステをすることもできます。ハリウッドセレブにも人気のこのアンチエイジングケア方法。ドラマ「ダークエンジェル」や映画にも多く出演している女優ジェシカ・アルバさんも光エステ中の画像を公開しています。

マスクタイプなのでちょっと怖いですね。お子さんの小さい家庭ではトラウマになりそうですから使わないほうがいいでしょう。笑

光美顔器の副作用と使用上の注意点

家庭用の光を使った美顔器は、光エステで使用している業務用よりも出力が小さいので、副作用の心配は殆どありません。1回10分~20分程度の照射でお手入れすることができるので簡単です。

しかし、やり過ぎると肌にダメージを与えて逆効果になってしまいます。お手入れは、週に2回程度の使用で十分です。最近は、イオン導入期に光の機能が付いていますので、手軽に光を使ったお手入れを試すことができます。

⇒40代にオススメの美顔器ランキングはこちら