マテ茶は、南米が原産地のイェルバ・マテという植物を乾燥させてお茶にしたものです。現地の人に親しまれているお茶であり、日本には1970年代に入ってきましたが、長い間あまり知られていませんでした。

南米の人達は欧米人並みに脂っこい食事や炭水化物を好むのですが、何故かアメリカほど肥満や生活習慣病に悩む人が多くないことが分かっています。

同じカロリーたっぷり生活でも太りにくいのはマテ茶を飲んでいるからだと噂され、ペットボトルでも手軽に購入できるようになったこともあり日本でも注目されているお茶です。

ビタミン・ミネラルが豊富なマテ茶

 

マテ茶にはビタミンやミネラルが豊富に含まれているのが特徴です。ざっと挙げただけでも「ビタミンA・ビタミンB・マグネシウム・カルシウム・亜鉛・鉄・ポリフェノール・食物繊維」などがあり、この為に「飲むサラダ」と呼ばれているのです。

ダイエット中には栄養バランスが悪くなりがちで、体重が落ちても顔色が悪くなってしまったり、お肌が荒れてしまってはキレイに痩せられたとは言えません。

マテ茶を飲むことで必要な栄養を摂取することができるので、健康的に痩せるためのサポートになりそうですね。

ポリフェノールで脂肪の酸化を抑える

マテ茶のダイエット効果で一番効果的なのが、フラボノイドを含んでいるという点です。フラボノイドはポリフェノールの一種で、抗酸化作用があります。

フラボノイドは血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールを分解する働きがあり、余分な脂肪が溜まって酸化することを防いでくれるので動脈硬化の予防にもなります。

ポリフェノールは身体の細胞を活性化させてくれるので、身体の新陳代謝も活発になり、飲み続けることで太りにくい体質になれるのです。

豊富なミネラルで基礎代謝アップ

マテ茶のダイエット効果で期待できるのが、脂肪分解に必要なエネルギーを補充できるという点です。マテ茶は「飲むサラダ」と呼ばれる位豊富な栄養素を含んでいます。

人間が脂肪分解を行うにはそれだけエネルギーが必要になります。多くの栄養素を摂取すれば身体がそのエネルギーを利用して脂肪を燃焼し易くなるのです。

実際に栄養バランスが良くなると身体が軽くなり、動き易くなるのを感じます。行動的になればそれだけ脂肪燃焼も活発になりますので、ダイエット効果も出易くなるのです。

食物繊維でおなかがスッキリ!

マテ茶のダイエット効果として、食物繊維も挙げられます。マテ茶は水分と食物繊維が同時に摂取できるので、胃腸の健康維持や便秘改善にも役立つのです。

食物繊維は胃腸の活動をサポートするだけではなく、脂肪をからめて体外に排出させるという働きもあります。

その他にもマテ茶には、脂肪の吸収を高めるリパーゼという酵素の働きを抑える効果もあります。上記のダブル効果で余分な脂肪を体内に蓄積させることなく速やかに排出させてくれます。

カフェインには注意

マテ茶には多くのダイエット効果が期待できますが、注意する点もあります。コーヒーや緑茶に比べると少ないですが「カフェインを含んだ飲み物である」という点です。

マテ茶のカフェイン含有量は緑茶の半分程度でコーヒーと比較しても25%程度と少な目ですが体質に合わないと感じている方は飲む量を加減するようにしましょう。

カフェインは過剰摂取をすると自律神経のバランスが悪くなったり、糖尿病や高血圧などの持病が悪化するという副作用もあります。お酒やコーヒーを飲む習慣のある人は、1日の摂取量を調節することも考えましょう。

マテ茶ダイエットは沢山飲めばそれだけ痩せられるというものではないので、くれぐれも飲み過ぎには注意しましょう。

⇒お茶ダイエットのメリットと痩せるダイエット茶ランキング

スルスル茶