bba45511500

目の下にクマができていると疲れているような印象を与えてしまいますし、年齢よりも更けて見られがちです。クマができる原因は色々あり、それによって対策方法も少しずつ異なってきますが、原因を把握してきちんと対策をすればシミなどのお手入れと比べて効果が早くあらわれやすいと言われます。

マッサージで血行を良くするのももちろん有効なのですが、美顔器を適切に活用することでより手軽に高い効果を得ることができます。

原因は寝不足や疲れでできる青クマには高周波美顔器

クマはその原因などによっていくつかの種類に分ける事ができます。クマの特徴を知ることが予防や解消への第一歩です。あなたのクマはどのタイプでしょうか?

青クマは血行不良が原因でできるクマです。目の下が青っぽくなり、下まぶたを横にそっと引っ張ると青みが薄くなるのが特徴です。睡眠不足になったり目をよく使う人に多く見られるクマです。目の周りの血行が悪くなると血流が滞りますが、血流の滞った毛細血管が下まぶたの皮膚から青く透けて見えるので青クマと呼ばれています。

青クマの解消には、高い周波数の電流による温熱効果が期待できる高周波美顔器がぴったりでしょう。気になる部分に当てることで発生するジュール熱によって、深部から体温を上昇させて血流やリンパ液の流れが良くなり、老廃物が排出されやすくなります。

また真皮にはコラーゲンが多く含まれていますが、高周波美顔器の温熱作用によってコラーゲンを作る細胞が増えやすくなりますので、肌のハリが向上するという効果も期待できそうです。

摩擦や刺激が原因の茶クマにはイオン導入美顔器

kuma54959161

茶クマはメラニン色素が沈着することによってできるクマです。青クマとは異なり、下まぶたの横をそっと引っ張ってみても色は薄くならないのが特徴です。下まぶただけではなく上まぶたや目の周り全体に広がってしまうこともあります。

色素が沈着してしまう主な原因は摩擦や紫外線なんです。メイクを落とす時や、目の周辺のマッサージを行う際に力を入れすぎてこすりつけるようにしてはいませんか?また紫外線対策が充分でなかったりしても色素の沈着は起きてしまいます。

茶クマを解消するのに最適な美顔器はイオン導入、イオン導出ができる美顔器でしょう。イオン導出でクレンジングすることによって古くなった角質を除去する効果が高まります。美顔器を利用してケアすれば、摩擦による色素沈着を防げるというメリットもあります。

また美顔器のイオン導入機能を利用して微弱な電流を流すと、美容成分が浸透しやすくなるように肌の内側のバリア機能を弱めてくれるので、ビタミンCやプラセンタなどの美白成分の浸透率が高まります。

加齢、たるみのある黒クマはイオン導入美顔器で解消

kk144858077

黒クマは加齢に伴うたるみによってできるクマです。年齢を重ねるにつれ目の周りの筋肉や皮膚は衰えてたるんできます。そのたるみに光が当たることで陰影ができてしまうのが黒クマの原因です。加齢と共に目の周りがたるんできたリむくんできたリ、また小じわができ始めたら注意が必要です。

そんな黒クマを解消するにはイオン導入美顔器が効果的でしょう。肌のたるみの改善にはコラーゲンが有効ですが、イオン導入美顔器はコラーゲンの生成を促すビタミンCを効率よく肌の奥まで浸透させてくれます。

オールマイティな超音波美顔器はどれ?

美顔器には様々な種類がありますが、中でも超音波美顔器はその幅広い機能が多くの肌の悩みに効果を上げてくれます。もちろん目の下のクマも例外ではありません。人間の耳に聞こえない超音波の細かい振動が肌細胞に刺激を与えることで血行、血流が良くなり、リンパ液の循環も良くなりますので、血行不良によって発生する青クマに有効です。

また、細かい振動によるマッサージ効果で肌細胞の新陳代謝が活発になりますので、ターンオーバーが正常化されることによりメラニン色素の排出につながります。色素の沈着によって発生する茶クマ対策としても有効でしょう。

そして超音波の振動によって新陳代謝が活発になり、たるみやむくみが解消されますので、加齢やむくみによってできる黒クマの改善も期待できます。

クマの症状は人によって様々です。クマの原因をしっかりと把握して何を改善すればいいのか対策を考えましょう。そして何よりも自分の目的に合った美顔器を選ぶこと、それが重要ですよ。

⇒40代にオススメの美顔器ランキングはこちら