s143552775

綺麗なお肌のために必要なキーワードといえば、やはりお肌のターンオーバーです。お肌のターンオーバーとは、簡単に言うと日々の肌の生まれ変わりのリズムのことです。これがシミ・シワの予防に重要な働きをしているんですよ。

毎日同じように見える皮膚ですが、1日1日・・・と毎日欠かさず生まれ変わっています。お肌の表皮は4つの層に別れることはお話ししましたね。関連記事:美肌の基本 肌の構造ってどうなっているの?

基底層で肌細胞は作られる

皮膚の一番深層にある基底層では、毎日新しいお肌の細胞が産生されています。基底層で生まれた肌細胞は、どんどんと上へ押し上げられていきます。有棘層、顆粒層、角質層の順番に押し上げられていき、最後には垢となってはがれ落ちていきます。

お肌の奥深くで生まれた肌細胞は、角質層に行くまでの間に形を変えていきます。基底層の肌細胞は、中心に核がある正常な細胞が生まれてきます。

その肌細胞は、角質層に押し上げられていくにつれて、形状を変化させていきます。角質層にくるころには、肌細胞は核を失った抜け殻のような、役割をおえた細胞になっています。

基底層の肌細胞が卵のような形をしているものが、角質層では枯れ葉のようになっています。役割を終えた肌細胞は、そのまま垢として剥離されていきます。

この肌細胞が作られてから垢になるまでの一連の流れをターンオーバーといい、平常であればおよそ28日周期です。この周期は25歳位を境目にどんどん遅くなっていきます。

ターンオーバーが乱れると肌荒れ多発に!

ser55012103

ターンオーバーが28日前後から乱れて長くなってしまうことで、いろいろなスキントラブルが起こります。そのひとつに敏感肌があります。敏感肌は、なんらかの原因でお肌の保護のはたらきが弱まり、いろいろな外部の刺激に敏感になってしまっている状態です。

敏感肌になるとあらゆる肌トラブルを起こしやすくなります。ニキビができやすくなったり、化粧品を使うとしみて痛くなったり、赤く炎症するほどの肌荒れ、痒みに悩まされることにもなりかねません。

ターンオーバーを正常に働くようにスキンケアしていくにはまずは保湿することが第一歩です。保湿はスキンケアの基本でうるおいのある状態のお肌はトラブルが少なくなります。潤いがある肌のターンオーバーは乱れにくく、保湿することでもターンオーバーは整ってきます。

敏感肌を保湿するならセラミドが必須

敏感肌になると化粧水や空気汚染などの刺激で赤く肌が炎症してしまいますが、セラミドは刺激から肌を守る働きをするので、配合されている基礎化粧品を使うことをおすすめします。

コラーゲンやヒアルロン酸などでも保湿はできますが、刺激から守ることはできないのでセラミドは必須成分です。肌が荒れやすい方は予防のためにも普段からセラミド化粧水を使うと安心ですね。