sim6426

皮膚の中でメラニンが作られてできてしまうシミ。その色の濃さや大きさ、形は様々です。赤っぽいもの、紫っぽいもの、茶色いもの、白っぽい物などがあります。ソバカスも、シミの一種で雀班(そばかす)、雀卵斑(じゃくらんはん)とも書いたりしますね。

女性の場合、シミのように見える顔の悩みでもっとも厄介なのが肝斑(かんぱん)です。その多くは目の下から頬のあたりに現れ、まれにおでこにも出ることがあります。この肝斑というシミの原因はよくわからないのですが、ホルモンバランスが要因と言われています。

なかなか普通の美白化粧品や、シミを消すという方法が通じずビタミンC誘導体配合の化粧品やレーザー治療などでも完治しないというのが難点です。30代、40代以降に出やすいので漢方薬、プラセンタサプリなど飲んでみてもいいでしょう。ホルモンバランスのシミは、内臓等の体の内側から働きかけた方がいいのです。

とくに40代を過ぎたことから出現し始める老人性色素班もシミの代表格です。老人性と言うのは、非常に語弊があります。紫外線が原因なので、早い方は三十路前に出ます。肌を出して紫外線を浴びやすい手、腕などの場所に出やすいのです。形はオーバルなことが多いです。

しみにはレーザー治療、レーザー美顔器がおすすめ

肝斑以外のしみの場合はレーザー治療も有効です。美白用の化粧品でもしっかりと美白成分が配合されているものであれば時間がかかりますが薄くしていくことができます。ポイントは色素を作る細胞を活性化させないことで、これはシミ予防の対策になります。この予防対応の基本的なことは紫外線をできるだけ浴びないことや、UVカットや、肌にダメージを与える摩擦を軽減するなどがあります。

他に頬の炎症による紅班は炎症が起きないように保湿することで落ち着くこともあります。白斑は何らかの皮膚の病気や薬剤でも起きます。美白用化粧品による白班が問題になったことがありますね。

通常はこういうことが無いように検査をして製品が出来ているので、心配しなくても大丈夫です。自分のシミが何なのか分からない方は皮膚科の受診をした方が良いでしょう。無闇に対策しても却ってシミが出てしまうだけです。

シミを消すための美白ケアというのは普通の化粧品では予防がメインでシミを消していくという効果が期待するほどではないのが現状です。真皮まで美容成分を届ける事ができる美顔器などを使用することをおすすめします。

美白に効果があるとされるハイドロキノンなど、肌に合わない場合は逆にシミが濃くなったり、赤く腫れてしまうなどという副作用がでるものがあります。しかし、肌質に合えばとても効果的に美白することができます。最近では低刺激のハイドロキノン化粧品も開発されていますからチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。

⇒40代向け!美白化粧品のランキング