kapusa249

カプサイシンダイエットは、唐辛子やサプリメントでカプサイシンを摂取し、代謝を良くしたりノルアドレナリンの放出を活発にすることによって、ダイエットの効果を期待するものです。

唐辛子を使った食べ物、例えばカレー、キムチ等の辛い物を食べると体が熱くなって汗が吹き出し、いかにも脂肪が燃焼されているようでダイエット効果があるイメージがあります。

最近では、女性を中心に辛い料理が人気を集めています。カプサイシンの詳しい効果を知らなくても、「キムチやカレーは健康やダイエットによさそう」というイメージを持っている人も多いのかもしれません。

カプサイシンには血行を良くし、体温を上げることによって新陳代謝を助ける働きがあると言われています。この効果もダイエットにつながっていきます。

カプサイシンの含まれる食品

カレー

カプサイシンがたくさん含まれているものの代表といえば唐辛子。でもそれ以外にどんな食品に入っている成分なのでしょう?カプサイシンという形では唐辛子以外に含まれているのはピーマンくらいですが、その量は微量です。

ピリピリとした辛みのあるのがカプサイシンなので辛くないピーマンにはほぼ入っていないということです。カプサイシンではありませんが、同じカロテノイドの仲間でピリピリ辛くて脂肪燃焼に役立つ成分ならサンショウオールという形で含まれている山椒、ピペリンという形で黒コショウに多く含まれています。

唐辛子の脂肪燃焼効果

早く痩せるために脂肪燃焼対策をするのであれば、少しでも効果的な方法を実践したいですよね。そのためには、毎日の生活の中で摂取する食べ物や飲み物を工夫するのが最適です。

食べ物にしても飲み物にしても、ダイエットを成功させることができるかかが関係していると言えるので、これを軽視することはできません。脂肪燃焼に効果を発揮する食材の1つとして、唐辛子がダイエットに良い理由について見てみることにしましょう。

唐辛子の発汗作用でメラメラ

唐辛子には、脂肪燃焼へダイレクトに直結する要素が含まれています。その要素がカプサイシンで、唐辛子独特の辛みに含まれていることで知られていますが、この辛みによって、体内の新陳代謝が活発になるのです。

唐辛子が辛い分、発汗作用が働くので、これこそが大きなカギとなるのです。そして、カプサイシンの働きは、それだけに留まりません。他の食物と比較しても、色々な栄養素が存在するのも大きなポイントです。

例えばですが、ビタミンやマグネシウム、カリウムやミネラルといった栄養素も、唐辛子にはふんだんに含まれています。現代の食生活を見てみると、どの栄養素も全体的に不足しがちなので、唐辛子はダイエット時にもおすすめな食品です。

塩分控えめな食事にする場合にも唐辛子を加えれば減塩になりますが、デメリットとして胃が弱いとたくさん食べることで胃炎になってしまうことがあります。また痔持ちの方も注意が必要です。

カプサイシンの健康効果は?

ダイエットに直接関係のある脂肪を減らすという効果以外にも、多くの健康効果があります。コレステロールを減らしたり、血液がドロドロになるのを防ぎサラサラにしてくれるなど中高年にはありがたい働きがあるのです。

また血行が良くなるため薄毛対策にも有効といわれて注目されています。生え際やつむじが気になってきたなら積極的にカプサイシンを食べるようにしてみるのもいいかもですね。特にイソフラボンと一緒に食べるといいそうですよ。

疲労回復にも効果があると言われており、健康維持の強い味方と言えます。しかし、カプサイシンは大変刺激の強い食べ物です。摂取のし過ぎによって胃を痛めたり、アドレナリンの過度な放出によって脳や身体に悪い影響を及ぼしてしまうことも可能性としては考えられます。

食事に偏りの出るダイエットは健康を害する危険も孕んでいます。カプサイシンはダイエットに効果がある成分ですが、摂取はほどほどに、サプリメントで摂取する場合は用法用量を守りましょう。並行して生活習慣の改善や適度な運動も怠らずに行うことで、より大きな効果が期待できるでしょう。