p53049738

肌荒れやぽっこりお腹、体臭やおならの増加の原因となる便秘、何とかしたいとは思いつつ、副作用や常習性が怖くて薬は使いたくないという方は、プーアル茶を飲んでみてはいかがでしょうか。

プーアル茶ってダイエット茶じゃないの?と思うかたも居るかも知れませんが、実はプーアル茶は便秘解消にも役立つ、とっても便利なお茶なんです。

プーアル茶が便秘に効く理由

便秘解消には発酵食品の摂取が良いというのは有名ですよね。プーアル茶は緑茶を発酵させたものです。緑茶を酵素でじっくりと発酵させた生茶、途中で麹菌を加えて発酵させたものを熟茶と呼びます。発酵食品を摂取する事で腸内の善玉菌が増え、腸内環境が良くなるため、便秘解消効果があります。

また、プーアル茶はダイエット効果で注目されている重合カテキンが含まれていて、脂肪の燃焼作用や脂肪の吸収を妨げる作用がありますが、脂肪の吸収を妨げると言う事は、吸収しきれなかった脂肪が便の滑りをよくするという事にもなりますよね。

プーアル茶に含まれているポリフェノールには、胃腸の働きを助ける作用もあります。血行促進により内臓の冷えを抑える作用もある為、腸の活動が活発になることでも便秘解消効果が期待できますね。

プーアル茶が効く便秘の種類

pu91148880

プーアル茶にも利尿作用のあるカフェインが含まれてはいますが、生茶と熟茶で含有量が変わります。1杯150ml換算で、ドリップコーヒーでは100~150mg、インスタントコーヒーでは約70mg、プーアル茶の生茶では約30mg、熟茶では15~30mgとなっています。

便の水分が不足による便秘の方は、熟茶を選ぶと良いかも知れませんね。熟茶は独特な臭気が気になるという場合は無理して飲まずに、生茶を飲むようにしましょう。

プーアル茶には微量ですが、便の水分量を増やす作用のあるマグネシウムも含まれていますので、便を柔らかくする効果が期待できます。

胃腸の働きを高め、腸内環境を良くし、血流をよくする作用のあるプーアル茶は、弛緩性便秘の方により効果があります。

弛緩性便秘とは文字通り、腸がゆるんでしまっているため、便の通りが悪くなっているタイプの便秘で、運動不足の方や筋肉量の少ない女性に多いタイプの便秘です。

プーアル茶で便秘対策

よくプーアル茶はカビ臭くて飲めないと耳にしますよね。熟茶に加えられる麹菌はカビ菌の一種なので、一種独特な臭気があるのは本当です。

味や香りは生産過程で大きく変わるものなので、メーカーによる当たり外れが大きいお茶でもありますので、できれば試飲をするか、少量のお試しサイズから始めてみると良いかも知れませんね。

腸内環境を良くする発酵食品のひとつ、プーアル茶には、脂肪の吸収を抑制する作用、便の水分量を確保する作用があるので、便の滑りがよくなり、腸の動きを良くする作用で自然なお通じが期待できますよ。

ただプーアル茶はノンカフェインではありません。熟茶のカフェイン含有量はやや少な目ですが、妊娠中や授乳中の方は飲み過ぎには注意しましょう。

⇒お茶ダイエットのメリット多すぎ!痩せるダイエット茶ランキング