メタボリックシンドロームというと、ぽっこりビール腹が思い出されるという人も多いと思います。メタボは肥満だけが原因ではありませんが、太っていることと血圧・血糖値が高い方や、高脂血症の場合にメタボであると判断されます。

30代以降は要注意!40代はレッドカード!

metabo9855メタボリックシンドロームという症状は、お腹の周辺に脂肪が蓄積してお腹が出る症状です。お腹の回りに蓄積している脂肪は中性脂肪であって、当然ながら蓄積している脂肪分の体重は増加します。

体重を減少させるためにメタボ解消のためのダイエットの方法として、軽症であるならばこれまでの食生活を改善して、できるだけ油分の少ない食事を優先して摂取して、魚などに含まれるたんぱく質や炭水化物や野菜類をバランス良く摂取して、運動を心掛けて行く事が重要です。

特にお腹の周りの脂肪は蓄積しやすいので、お腹の脂肪を減少させるためにはお腹の周辺の運動を中心にしなければならないのです。例えば、お腹の周りを鍛える腹筋の運動が非常に効果的です。
しかし、すでにお腹の周りに脂肪がつきすぎている人は、腹筋運動をする事ができないケースが多いのです。女性がお腹の周りに脂肪がたまっているならば、エステに通って、お腹の周りの脂肪分を中心にマッサージしてもらうのも効果的です。

運動療法などで次第にお腹などの周りの脂肪が減ってきたとしても、決して運動を途中で辞めてはいけないのです。改善した食生活を維持しながら、これまでどおりの運動を続けて行く事がメタボ解消につながります。

メタボ解消は、ダイエットと同じく痩せることが必要なのでかなり大変です。気を張ってダイエットを頑張ると反動=リバウンドも怖いですしね。やはり、ダイエットティーなどのお茶で太りにくくなるような生活を心がけるのが一番だと思います。

なぜメタボになるのか?その原因は?

182349906メタボ対策をする上で、自分になぜ内臓脂肪が付くのかということを知った上で対策を考えることが大切ですが、分かりやすいのは肉類や甘い物などをたくさん食べることによって内臓脂肪が付くパターンで、明らかに贅肉がたくさん付いている場合は年齢に関わらずメタボ状態になっていることが想定されます。

問題なのが、見た目では分かりにくい場合で、特に内臓にたくさん脂肪がついていて外見ではあまり分からない場合がありますが、この場合は自分がメタボ状態であるということに対して意識が無いため、気付かないうちに症状が深刻化して、メタボ対策をする前に大きな病気をしてしまう可能性があります。

こうならないためにも日頃から定期健診を受けて自分の体の状態を知っておくということは大切ですが、特にメタボ対策になってくると何らかの対策をしたからといってすぐに効果を発揮するわけではないので、症状が進行していると自力で改善することは難しくなってしまいます。

また、中には小食なのにメタボと診断されてしまう人もいますが、人によっては消化や内臓の働きの関係から脂肪として吸収しやすい場合があるので、この場合は少ない食事の量でも内臓脂肪ばかりが増えてしまう場合があります。

特に精神的な作用は大きいと言われており、小食なのにも関わらず贅肉がたくさんついている人の中には神経質な人が多いという関連性があり、これがまさにストレスで脂肪が付きやすい体になっているというものです。

どうなったらメタボと呼ばれる?その基準とは

metaboyob59096最近はメタボ対策の一環として専用の定期健診を40歳以上から受けないといけない決まりになっていますが、検診が義務化されていることからも分かるように、内臓に脂肪がたくさん付いてしまうことは健康にとってよくありません。

太っている人のすべてがメタボと診断されるわけではなく、あらかじめ決められている基準値を超えている人がそう呼ばれるようになります。

健康診断で見るポイントになるのが腹囲とBMIのいずれかが、基準値を超えている場合に中性脂肪、コレステロール、血圧、血糖値のうち二つ以上が基準値を超えているとメタボ対策が必要になると言われており、そのためメタボと診断されることになります。

ただし、人によって内臓脂肪が起因して起こる症状というのは違ってくるため、ある基準値だけ以上に高く他の数値に異常がないという場合も珍しくないため、二つ以上基準値が超えていないからと言って自分がメタボでは無いと考えないことが大切で、一つでも基準値を超えるのであれば、自主的にメタボ対策をすることをおすすめします。

基本的に急激に内臓脂肪が付くということはあまり無いので、大体の場合は時間をかけてゆっくりと脂肪が内臓に付いていくのですが、人によっては体質が急に変わってしまい、短いスパンで症状が進む場合もあります。

また、40歳になったばかりだし・・・、痩せているし・・・という場合も診察を受けなくて良いというわけではないので、1年に一度は血液検査をしておくと安心できますね。

飲むだけ簡単 メタボ対策にはこのお茶!

metabome-cha辛くない!お茶を飲むだけでメタボ対策!
メタボのためのお茶、もちろんノンカロリー
杜仲茶、黒豆も入っていて健康的♪

90%近くの人がおいしいとアンケートで答えているように、黒豆の香ばしさがあってとても飲みやすいお茶です。安全のためにティーパックも食べられるトウモロコシから作られています。
意識せずにメタボ対策ができるので、「痩せなくてもいいんだ!」と頑固者の旦那さんにもお茶をこっそりこのメタボメ茶に変えて、知らないうちに飲ませることができますよ。

⇒WEB特典で送料無料♪ メタボメ茶 公式サイトはこちら

メタボメ茶の公式サイトにも掲載されているのですが、25キロの減量に成功したという人もいるんですね。食事制限とかしなくてお茶を飲むだけというのはとても簡単なので毎日飲むことができます。

ダイエットに必死になってしまうとストレスが貯まって逆に太ることも多いですから、お茶でジワジワ~と痩せていくというのはとても理想的ですよね。