唐辛子

脂肪を燃やすという燃焼サプリは有名な通販サイトのダイエット商品ランキングでも上位に食い込んでくる人気の商品がいくつもあります。

この脂肪燃焼するという成分が多くの場合はカプサイシンを使用しています。ご存知の通り唐辛子を使ったものになります。体についてしまったお肉、脂肪を落とすには体温を上げるとか冷え性を解消させるということも重要になってきます。

手足が冷える冷えや、内臓が冷えて手足がほてってしまう隠れ冷え症などの場合は脂肪燃焼のパワーが低下してしまって太りやすくなるとも言われています。カプサイシンが使用されているサプリメントは体が温まるということですから冷え性にもよい効果を出てくるかもしれません。


「シボヘール」>>詳しくはこちら

ただ、注意が必要なのは脂肪を燃焼してくれるサプリを飲んでいるからたくさん食べても大丈夫なんだ!とドカ食いをしてしまうこと。燃焼系サプリだからといっても、それを上回るような食べ方をしていると痩せていくわけがありませんよね。

きつい食事制限をする必要はありませんが、お菓子を少量にしたり食べないようにする、就寝前3時間は何も食べないなどを心がけるようにするとダイエット効果もアップすると思いますよ。体が温まってくると新陳代謝が活発になるので、1日に消費できるカロリーは徐々に上がってきます。

もっとダイエットを早く成功させたいなら運動を取り入れるといいでしょう。筋肉量が増えればゴロンと横になっていても消費できるカロリー(基礎代謝)がよくなるため体重が減ってくるのも目に見えて早くなりますよ。

燃焼系サプリの代表的な成分

生姜

脂肪燃焼をサポートすることを目的としている燃焼系サプリに含まれているダイエットに有効な働きをする成分を見ていきましょう。いろいろな種類の成分がありますが、ほとんどのサプリが以下のものをメインの成分としています。

L-カルニチン

L-カルニチンは脂肪をエネルギーに変えるために重要な成分(アミノ酸の一種)なのですが、20歳以降は加齢に伴って、徐々に体内から減ってしまいます。

L-カルニチンが不足すると、脂肪をエネルギーに変えられずに体内にたまってしまうため、中高年のメタボリックシンドロームなどの要因となってしまうのです。逆にL-カルニチンがたっぷりある状態だと、太りにくく痩せやすい体質を維持することができます。

成人は10mgを体内で作り出せるとされていますが、この数値が少なくなってくるとエネルギー変換の効率が下がるので、脂肪蓄積だけでなく疲労感が表れることもあります。食べ物から摂取する場合には羊肉、牛肉の赤身に多く含まれています。

アミノ酸

アミノ酸を摂取していれば、運動時に脂肪が燃え始めるまでの時間を短縮できるとされていて、同じ運動をしても燃やせる脂肪の量をアップすることができます。

脂肪燃焼には脂肪分解酵素リパーゼが必要になりますが、このリパーゼもアミノ酸からできています。アミノ酸を摂取しておけば脂肪をエネルギーに変える効率がよくなるので早く痩せることができます。

カプサイシン

唐辛子などに含まれている辛み成分のカプサイシンは、脂肪燃焼のほか、発汗を促すなどの作用があります。カプサイシンを多くとるとアドレナリンが分泌されるために発汗作用があり、このためダイエット中にはとても効果が高いように思えます。

しかし、カプサイシンは脂肪の分解を促し、ダイエットに効果的に働くものなので摂取するだけではあまり効果があるわけではないのです。痩せるためには適度に運動することが必要になります。

また、刺激が強く粘膜を傷つけてしまうこともあるので、胃弱の場合はダイエット目的に使わないほうが賢明です。早く痩せようと大量に食べることはしないほうがいい慎重に扱うべき成分です。

しょうが

冷え性にも有効とされているしょうがは体温を上げる効果のあるショウガオールが含まれており、代謝が上がり太りにくくなる効果が期待できます。

しょうがにはショウガオール、ジンゲロールという辛み成分が含まれていて、乾燥しょうがを用いたものにはショウガオールが、生のしょうがにはジンゲロールが多く含まれています。

漢方にも乾燥しょうがは使われていて、血行をよくして、代謝をアップ、むくみの改善などの効果があります。

⇒痩せにくい40代におすすめのダイエットサプリ

燃焼系サプリで内臓脂肪も減ってくる?

ダイエットに成功し痩せた女性

皮下脂肪に比べて落とすのが大変なイメージのある内臓脂肪ですが、燃焼系サプリで減少させることはできるのかと不安な方も多いのではないでしょうか。

内臓脂肪は増えすぎると糖尿病を招くなど問題がでてきます。置き換えダイエットなどの場合は、筋肉を使わずに食事制限だけでカロリーをコントロールすることが多いですよね。

こういった運動しないダイエットというのは筋肉から落ちてしまうので、内臓脂肪が減少するのは比較的遅いのですが、燃焼系サプリを利用する場合は、脂肪を燃やす安くしたうえで体を動かしていきますから、ちゃんと内臓脂肪は減っていきます。

実は皮下脂肪よりも内臓脂肪のほうが落とすのが簡単な脂肪なんです。お腹周りは適切なダイエット方法だと早くスリムになれる可能性が高いのです。

燃焼系サプリの効果を高める飲むタイミングとは?

どうせダイエットの努力をするなら、効率よくサッサと早くに痩せたいものです。脂肪燃焼系のサプリを飲む場合のタイミングは、ズバリ!運動前です。

この運動というのは通勤の徒歩でもいいですし、自宅の掃除をする前、もちろんウォーキングをする前でもいいです。体を動かす30分くらい前に飲むと効果的です。

サプリにもよりますが大抵は空腹時に飲むほうがいいですから、通勤や通学で歩くのなら朝食前に飲むといいでしょう。

今日は飲み忘れたから・・・といって、寝る前に飲むのはあまり効率が良くないといえますね。

燃焼系サプリで痩せるなら有酸素運動

脂肪を燃やすためには運動が欠かせません。筋肉をつけて基礎代謝が上がるという意味では筋トレなどのつらい無酸素運動もダイエットには有効です。

しかし、燃焼系サプリのパワーを使って痩せたいのなら、有酸素運動が一番効果が高いといわれています。早く痩せるためには負荷の高い運動がおすすめです。

水泳やジョギング、マラソンなどがそれにあたりますが、「歩く」という動作でも十分に効果を感じることができるはずです。