生姜紅茶の効果 体を温め冷え性改善

冷え性対策

生姜紅茶というドリンクが冷え性の人を中心にとても人気があります。あたたかい飲み物といえば、コーヒーや紅茶、ココアというような物が思い浮かびますが、温かい飲み物であっても、飲み終わっても体を温める飲み物とそうでない飲み物があるんです。

関連記事40代の冷え性にも生姜パワーで効果的に解消

温かい飲み物でも体が冷える?

実は先述のコーヒーやお茶というのは、血管を収縮させて体を冷やしてしまう効果があります。ココアにも、血圧低下や利尿作用があるので、どちらかと言えば冷やす効果が強く表れます。

その為、飲んだ直後は温かくても飲み終わってからしばらくすると再び体が冷えてしまうのです。それを防ぐには、体を温める食材を併用することが必要となります。

ぽかぽか効果ならショウガ

teaa01

体を温める代表食材といえば、生姜ですよね。生姜を用いて温かい飲み物を作れば、飲み終わっても体を温め続けることが出来ます。生姜は紅茶と非常に相性が良く、ジンジャーティーとして古くから紅茶文化の国では愛飲されている飲み物です。

薄くスライスした生姜を鍋で紅茶と一緒に煮出しても良いですし、通常の紅茶の抽出方法にスライス生姜を入れても効能と香りは出ます。紅茶の香りと生姜の香り、2つが混じった香りは心も体もリラックスさせてくれることでしょう。

生姜紅茶はおいしくて、生姜が苦手な人にも飲みやすいというだけではなく、ダイエットにもいいんです。生姜には血流をよくし、発汗作用や、利尿作用もありますから、冷え症、血流が悪いで起こる肩こりやむくみにも効果を発揮してくれます。生姜の味がどうしても苦手という方には生姜サプリメントがおすすめです。

生姜紅茶の作るときの注意

生姜をすりおろして自分で生姜紅茶を作るというのは簡単です。普通に生姜を紅茶に入れればいいのです。しかし、生姜にはショウガオール、ジンゲロールという2つの体を温める成分が含まれていますが、生のショウガだけだと1つの成分しか十分にとれません。

生姜の効果をいかすためには、加熱した生姜と、生の生姜を同時に取る必要があるんです。毎日自分で用意するのは大変ですが市販で2種類の成分が入っている生姜紅茶も販売されているので利用することもできます。

生姜パウダーについて

syouga341278

生姜は日本人にとっても大変身近で、料理にアクセントを与える食材としておなじみですよね。近年は冷え症改善などの健康効果やダイエット効果があることがよく取り上げられています。

そんな生姜ですが日本人は生のものを使用することが多く、チューブ入りのすり生姜も手軽で人気です。一方、乾燥させて粉状になった生姜パウダーはあまり馴染みがないかもしれません。

生姜パウダーのいいところ

ところが生姜パウダーには生の生姜にはない特徴があるんです。それはショウガオールという成分が生のものと比べて圧倒的に豊富なことです。生の生姜に多く含まれるジンゲロールが乾燥させることで一部がショウガオールに変化するからです。

ショウガオールは血流を良くして体内で熱を作る成分です。ジンゲロールにも冷えを改善する効果もあり、ショウガオールとダブルの効果で冷え性の改善が期待できます。だから冷え性の場合は特に生姜パウダーのほうが効果的だと考えられます。

また、乾燥していることで生の生姜より日持ちがしたり、生よりもたくさん摂れるメリットもあります。料理や飲み物にもササッと入れられ、持ち歩いて外出先でも簡単に使えるのも生姜パウダーならではです。乾燥だからこそのパワーと手軽さを兼ね備えているのが生姜パウダーなのです。

生姜紅茶を作るときも生の生姜を自分で用意して、生姜パウダーも一緒に使えばジンゲロール、ショウガオールのどちらの成分も摂ることができます。

タイトルとURLをコピーしました