痩せるためにカロリーの低い食事をするように気をつけていても、なかなか思ったように体重が減少していかない傾向があります。それは、体の基礎的な代謝が落ちてしまっていることが要因となります。

日頃の運動不足と、カロリーの高い食事を食べる習慣が定着している状態であるため、ダイエット食品で一時的に体重が落ちてもまた戻ってしまう状況となります。

この状況を改善するための、痩せる食事の習慣を心掛ける必要があります。

食べる順番に気をつけるようにする

食事の栄養価をチェックして、よりカロリーの低い食材を取り入れたメニューを準備し、食べる順番にも気をつける必要があります。

一般的なコースメニューとなる、サラダ、スープ、ご飯、メインディッシュ、デザートが準備できる時には、コース料理で出す順番となるサラダから食べることが有効です。これは体内に早めに食物繊維を入れる事で、お腹の満足感を高めるために有効です。

そして、スープを摂取することで水分をお腹に満たし空腹感を更に緩和していきます。この状態で多少はお腹の空腹感を満足させているので、少なめのご飯とメインディッシュのバランスでも、ある程度の満足度が得られます。

メインの肉料理と麺類やご飯の炭水化物の量を少なめの状態で終え、最後にデザートの甘い味でちょうど良い満足度を得ることが出来ます。

痩せる食事は時間を気にするように

太ってしまう大きな要因の一つに、食事の時間があります。食事を摂取してから4時間以上が経過すると、段々と血糖値が下がってきて空腹感を感じるようになります。

このタイミングで昼食から夕食の時間を考慮すると、最適な食事の時間は夕方の5時頃という事になります。しかし、その時間は仕事を終えて帰宅時間となる人が多く、夕食が午後7時から9時頃になる人もいるはずです。

そうなってくると、食べ終えてからまもなく就寝してしまう可能性があるため、お腹の中に食べ物が残った状態で就寝してしまいます。この習慣は糖質や脂質などがより多く体内に吸収されてしまう状況となり、肥満の大きな要因となります。

また、お酒を飲む習慣のある方は夕食後に夜更かしをする傾向があります。その際にスナック菓子や菓子パンなどを食べる習慣のある方は、かなり体脂肪に影響してきます。

痩せる食事はバランスが大事

食事の時間は毎日同じ時間にする方が効率が良くなります。体が食事を入れて欲しいと準備するので、その時間に食事を摂取し、それ以外の時間にはできるだけ食べないような習慣にしていきます。

食事は、タンパク質と脂質、糖質の三大栄養素をバランス良く摂取する必要があります。また集中力を高め、疲労感を改善する為に、ビタミンやミネラル分の補給も欠かせません。これらを含めた5大栄養素をバランス良く補給する事が、痩せる食事の基本となります。

バランスの良い食事を決まった時間に摂取する習慣が定着できれば、空腹を感じてお菓子類などを間食する頻度が減るはずです。

また食事中に飲む水、お茶をダイエット茶に変更すると脂肪吸収を抑えたり、脂肪燃焼を促進するなどの効果が得られます。

まとめ

痩せる為の食事にしていくためには、食物繊維の多い食材を取り入れるメニューが効果的です。キャベツや白菜、大根やゴボウ、玉葱、もやし、ブロッコリーなどを使った炒め物や煮込み料理、そしてお鍋やお味噌汁が有効です。

大豆食品の豆腐やおから、納豆も低カロリーで高タンパクな良い食材です。和食のメニューであれば、昆布やワカメ、ひじきなどの海藻類を加えると、水溶性食物繊維の効果で満足度を高めることができます。

これらの低カロリー食材を使ったメニューを決まった時間に摂取し、満足できる食生活が理想となります。そして、間食をしなくてもストレスを感じないバリエーション豊かな食事のメニューが望まれます。

⇒痩せにくい40代におすすめのダイエットサプリ