肌が乾燥すると様々な肌トラブルになりますが、代表的なものに、ちりめんじわがあります。目の下に近くで見ないとわからないような薄い細かい皺が出来ることがありますが、この皺のことです。

ちりめんじわがある肌は張りがなく、たるんでしまっていることが多いために活気がなくみられたり肌がくすんで不健康にもみられがちです。

ちりめんじわが出来ると、皮膚に張りがなく表皮が伸びたりするたのにベースメイクがしづらく、特にファンデーションのノリが悪くなります。

また、目の下や目の周りにできてしまった場合は、実年齢よりも年を取った雰囲気になってしまうので治してしまった方がアンチエイジングの面でも有効です。

しわ消しに効果的な化粧品

icon-rank01-01 ビーグレン 目元ケア


目の下のしわ、ちりめんじわ対策にはやっぱり目元専用の化粧品が一番効果的なんです。特にビーグレン目元ケアは、しわ消しだけでなく、くすみ、たるみにも対応していてエイジングケアにぴったりです。[365日返金保証あり]

⇒ ビーグレン 目元ケア 公式サイトへ

 

icon-rank01-01 アイクリームGracieux+


目元のシワ、たるみ、くすみ、シミ、美白ケアがまとめてできるGracieux+(グラシュープラス)は抗シワ製品評価試験実証済みのクリームです。セラミド、トリプルヒアルロン酸、ダブルコラーゲン配合。

⇒ アイクリームGracieux+ 公式サイトへ

 

ちりめんじわは消すことができます

menositatirimen
ちりめんじわを解消する効果的な方法は、お肌に潤いを与えることです。ちりめんじわの原因はお肌の乾燥ですから、水分量がアップするような保湿対策が必要です。まずは、洗顔の見直しと丁寧なスキンケアの実施をしていきましょう。

保湿化粧品などの浸透を良くしようという目的や、肌のくすみ、肌のざらつきを解消しようと、洗顔にスクラブ入りの洗顔料を使うこともありますが、ちりめんじわができてしまった場合はおすすめできません。

スクラブ入りの洗顔料は表皮を傷つけてしまい、乾燥肌敏感肌をさらに悪化させてしまいます。また、肌の守ってくれる皮脂も過剰に落とし過ぎるので、逆に肌トラブルを増やしてしまいますので使うのはやめておきましょう。

皮脂の取り過ぎを予防ためにも洗顔はやさしく行い洗浄力が高いものは避けたほうが無難です。ちりめんじわのケアには洗顔後にすぐ保湿のスキンケアをするようにしましょう。時間がたつと顔の水分が蒸発するときに肌内部も乾燥してしまうからです。

しわ消しに効果的な成分はセラミド

このとき使用する保湿化粧品はしわ予防や改善によい美容成分が配合されているものを使用すると早く効果が表れます。目元専用のアイクリームや保湿力のあるセラミド配合のものがおすすめです。(おすすめアイクリームランキングを見る

⇒顔のしわ対策化粧品はこちら

目の下、目の周りの肌の潤いを取り戻す方法としては、血行をよくする温めたタオルを目の上にしばらく置いても効果的です。血行が良くなることで肌のくすみと取れ、眼精疲労など目の疲れやストレス、筋肉の疲れなどを解消させることができるので筋肉のこわばりによるしわもできにくくなります。

そして、その後に使う美容、保湿成分配合のクリームやローションを使う事でより保湿効果を高める事が出来ます。ちりめんじわは、老化などで出来る大きな皺とちょっと違って、肌を保湿させることで目立たなくさせることが出来るタイプのものなので、諦めずに保湿ケアしていきましょう。

しっかりとスキンケアや洗顔後のアフターケアを行っておけば予防や解消もほかのシワのように大変ではありません。少しでも早く効果が出てば・・・というのなら、美顔器を使ってイオン導入をしてみるのもよいでしょう。美容成分がお肌に浸透しやすくなりますよ。