ファンデーションの悩みは、メイクしてから時間が経つとテカりが出てきたり、ギトギトして化粧崩れが起こるなどが多いですよね。そして、その状態が顕著に表れてしまうのが、脂性肌の方です。

ファンデーションも肌質によって、適したファンデーション、適さないファンデーションがあります。自分の肌質を理解して、肌質に合ったファンデーションを選ぶことが大切です。

化粧崩れやテカりなどが気になる方は、脂性肌の可能性があります。それでは、脂性肌の方はどのようなファンデーションが適していて、どんなことに気をつければ良いのでしょうか?

ファンデがテカり、ギトギト!脂性肌とはどんな状態?

脂性肌とは、皮脂の分泌量が通常よりも多い肌質のことを言います。皮脂は肌にとって保護の役割をし、肌を異物から守るバリア機能として重要な役割を果たします。

しかし、この分泌が過剰になると、肌の余分な脂が毛穴を詰まらせたり、ニキビの原因になってしまうのです。そして、ファンデーションをつけた場合、ファンデーションの油分と皮膚の脂が混ざり、べたべたとし、テカりやギトギトの状態になってしまいます。

そして、混ざった油がどろどろになって化粧崩れも起こってしまうというわけです。そんな脂性肌の方は、油分の少ないタイプのファンデーションを選ぶのが鉄則と言えるでしょう。

パウダータイプのファンデーションは脂性肌にもぴったり

ファンデーションの中でも一番スタンダードと言える、パウダータイプのファンデーション。粉末状になったファンデーションをパフ(スポンジ)で肌につけるタイプです。

こちらは油分も少なく、さらっとした付け心地ため脂性肌の方にも適しています。また、パウダータイプのため、皮膚の余分な脂もパウダーが吸収してくれるというメリットもあるのです。

さらに、パウダータイプは化粧直しが他のタイプよりも簡単にできるというメリットがあるため、そういう意味でも脂性肌の方に適していると言えるでしょう。

肌に優しいミネラルファンデーションもお勧め

ミネラルファンデーションもパウダータイプのファンデーションの一つですが、水分や油分を含まないという特徴があります。天然の鉱物(ミネラル)でできているため、刺激が少なくて肌に優しく、敏感肌の方にも安心です。

化粧を落とす時にもクレンジングを使わずに落とすことができるため、肌トラブルの改善にも役立ちます。ただ、油分が含まれていないため、化粧崩れしやすいという点もあるため、ミネラルファンデーションを選ぶ時はカバー力を考慮して選んでいきたいところです。

カバー力が高いリキッドファンデーションは脂性肌には不向き?

リキッドタイプのファンデーションは油分を多く含むため、肌にぴたっと馴染み、カバー力の高さには定評があります。そのため、化粧崩れが気になる脂性肌の方も、リキッドタイプのファンデーションが気になる方も多いでしょう。

しかし、リキッドファンデーションは油分が皮脂の余分な脂と混ざってしまうため、脂性肌の方では結局化粧崩れを起こしやすくなってしまいます。そして、肌に皮脂の多い状態はニキビなどの原因ともなってしまったり、油分をしっかりと落とすために強力なクレンジングを使い、さらに肌の状態を悪化させてしまうことにもなりかねません。

ただ、リキッドファンデーションの中にも皮脂コントロール効果の高いファンデーションも開発されているので、余裕があれば色々試してみるのもいいですね。その際、肌質に合わないと感じたら、使用を中止した方が無難です。

そして、どんなタイプのファンデーションを選ぶにせよ、ファンデーションを塗った後はしっかりと落として保湿をすることを心がけ、肌の状態を保っていきましょう。

⇒ 40代におすすめ!ファンデーションランキング