kin16192

美顔器を使う理由は様々かと思いますが、加齢によるたるみの改善は美顔器を使う目的の中でも多いものです。美顔器と言っても、その構造やタイプは色々あり、目的に合わせて使用していきたいところですね。

たるみを改善するなら、筋肉にアプローチできる美顔器が効率的です。顔の筋肉を鍛えることが、たるみの改善に繋がります。顔の筋肉を鍛えることのできる美顔器には、どのようなものがあるのでしょうか?

⇒ たるみ改善におすすめ美顔器一覧はこちら

表情筋など、顔の筋肉の衰えがたるみに直結!

顔がたるむ理由には、まず、コラーゲンやエラスチンといった肌の弾力を生み出す成分が変質することが挙げられます。紫外線や生活習慣の乱れなどにより、コラーゲンやエラスチンが変質し、肌の弾力が失われて垂れ下がってしまうのです。

また、年齢を重ねることで代謝機能が衰え、顔の皮下脂肪が肥大化することもたるみに繋がります。そして、顔の筋肉の衰えるも、たるみの大きな原因となります。

顔は、皮膚、皮下脂肪、筋肉、骨格で成り立っています。顔の筋肉が低下すると、筋肉の上にある皮膚、皮下脂肪などを支えきれなくなり、たるみが生じてしまうのです。

顔の筋肉には前頭筋、眼輪筋、頬筋、頤筋(オトガイキン)、口輪筋など様々な筋肉があり、目や鼻、口などを動かすのに使われます。このような顔の筋肉は表情筋と呼ばれ、顔の細かい表情を作り出します。表情筋は、加齢や無表情であまり顔を動かさないと衰えていき、顔の老化を引き起こしてしまうのです。

表情筋を効率良く鍛えるためには美顔器を活用

kinniku0447表情筋を鍛えるためには、まず、普段の生活からできるだけ顔を動かすようにすることが大切です。デスクワークなどを黙々とこなしていると、表情が固まってしまう経験はないでしょうか。

顔の筋肉を動かすことを意識して、大きく口を開けて話す、口角をしっかり上げて笑うなどしていきましょう。表情筋を効率的に動かすためには、エクササイズも良いでしょう。

そして、もっと効率的に筋肉を鍛えるには、美顔器を使う方法があります。普段なかなか使えない筋肉に直接アプローチすることで、短時間で効率的に筋肉を鍛えることが可能です。生活の改善、エクササイズと平行して行えば、さらに効果が期待できます。

顔の筋肉を鍛える美顔器と言えば、EMS美顔器

たるみを改善できる美顔器には色々ありますが、顔の筋肉を鍛えることができる美顔器と言えば、EMS美顔器です。EMSとは、Electrical Muscle Stimulationを略したもので電気によって筋肉に刺激を与えます。

元々は医療用に使われていたものですが、今ではダイエット器具などにも用いられています。EMS機能の付いた美顔器は、低周波の電流を流すことで、短時間で普段なかなか使えない表情筋を鍛えることができるのです。

EMS機能の付いた美顔器を選ぶ時は、強弱の調節ができるものが良いでしょう。まずは、弱めに設定し、慣れてきたところで徐々に上げていくことができるので安心です。

また、ラジオ波温熱など他の機能も付いた美顔器なら、相乗効果が期待できます。ローラータイプの美顔器も、顔をマッサージすることで筋肉が刺激されますが、あくまで肌の表面からですので、直接筋肉にアプローチできるEMSがより良いでしょう。年齢を重ねることで気になる顔のたるみ、美顔器で筋肉を鍛えるのも良い方法ですね。

⇒40代にオススメの美顔器ランキングはこちら