薬用クリアエステヴェールは美容液並みに美容成分たっぷりで、肌をよりきれいにできるファンデーションとして人気ですが、30代、40代以降の女性にとって気になるのはカバー力ですよね。

紫外線やストレス、加齢・・・。いろいろな原因があってシミやそばかすの黒化、肝斑などは急速に目立ってきます。老けて見られる要因は少しでも見えなくしたいものです。

以下の画像は、手の甲にマジックペンでシミを想定した点を書いて、その上からクリアエステヴェールを塗っているカバー力の実験結果です。

どうですか?一番右の手の甲の点がほとんど見えなくなっていますよね。しかも、塗りました!という人工的な色でなく自然にカバーできているところが凄いです。

⇒ クリアエステヴェール 公式ページへ

隠すだけじゃなく紫外線対策もできる

肌をきれいにできるといっても、すでにできているシミなどをしっかりと隠してもら分ければいけません。SPF35 PA+++としっかりと紫外線対策ができるので、日焼け止めは使わずにそのままクリアエステヴェールを塗ることができます。

油分の多い日焼け止めですと、クリアエステヴェールの保湿成分と、ぶつかってしまってテカテカしたり、ファンデのヨレ、化粧崩れの原因にもなります。日焼け止めを使う方はべたつきのないサラッとしたタイプを使うといいですよ。

私の場合は下地の色とかが全くないのでクリアエステヴェールだけでカバーしていくことになりますが、重ね塗りをしなくてもしっかりカバーしてくれています。

顔に小さいアザがあるので、それがシミのように見えて子供の時から気になっていたんですがクリアエステヴェールですっかり見えなくなります。これでシミと間違えられなくて長年の悩みが消えた感じです。

薄づきだから厚化粧にならない

ベースメイクで大切なのは、シミやそばかす、顔の赤みやアザなどを見えなく隠すことにもあるのですが、べったりとペンキのように透明感もなく厚くなってしまったらきれいじゃないですよね。

クリアエステヴェールは美容液成分が入っていて、伸びがいいのでべたつかずに均一にサッと塗ることができます。もともと化粧崩れはしにくいのですが、厚保化粧にならないのでシワにファンデが入り込んでシワが目立つということもありません。

⇒ クリアエステヴェール 公式ページへ

クリアエステヴェール 下地効果はどう?

人気の美容液ファンデーション、薬用クリアエステヴェールには下地効果もあります。化粧水などのスキンケアの後に、わざわざ化粧崩れを防いだり、化粧のりをよくするための下地を使う必要はありません。

保湿、美容液成分も入っているので、メイク時もよく伸びてむらなく手早く仕上げることができます。多くの女性が抱えているファンデーション、ベースメイクの悩みというのは、

  • カバー力があるか?
  • 粉浮きしないか?
  • ヨレがおこらないか?
  • 肌が乾燥しないか?

こういったことがよく上げられる問題点です。

化粧下地の役割とは?

化粧下地の役目というのは、ファンデーションのノリが悪くなってくると肌との密着度が下がってきてしまって、皮脂によってファンデーションがヨレたりしやすくなります。

こういったことをなくすために、しっかりとお肌とファンデーションを密着させる役目があるのです。化粧下地を使っていないという人も、実はけっこう多いのです。

しかし、下地を使わない人の多くは10代や20代前半ということがほとんどです。あとは、もち肌なのでいつも肌がしっとりしているので下地も、乳液も使わずにいるという方もいらっやいました。

年齢が30歳を超えたころから、肌の水分量はどんどんと減っていきますから普通肌であれば、ファンデーションがきれいにつかない、テカリが酷いという問題を抱える方が多いのです。

クリアエステヴェールはちゃんとファンデーションがお肌に密着できるように、乾燥しているお肌に適度なしっとり感を与えてくれます。

⇒ クリアエステヴェール 公式ページへ

化粧下地がお肌を守る?!

化粧下地の必要性というのはほかにもあります。実はお肌を保護するという働きがあります。大抵の市販のファンデーションには添加物が配合されていますが、これが毛穴の奥にまで入り込んでしまうのを防いでくれます。

ちゃんとクレンジングや洗顔で毛穴の奥まで汚れを落とせたと思っていても完全にというのは大変なことです。毛穴の奥に少しでも汚れが残っているとそこが酸化して毛穴の黒ずみの原因になります。

また、お肌の汚れをすっきりとオフするためにも、下地を使っていると洗顔、クレンジングでファンデや汚れが落ちやすいのです。汚れが落ちやすいのでお肌にも負担になりませんから、乾燥肌やシミなどの予防にも役立ちます。

⇒ 40代におすすめ!ファンデーションランキング