hyd72453432

高い美白効果で「お肌の漂白剤」と呼ばれるハイドロキノンは、新たなシミができるのを予防、抑制するだけでなく、できてしまったしみにも効果を発揮します。ただ、このような効果の高さは魅力的ですが、ハイドロキノンは稀に副作用が起こる可能性があり、なかなか踏み込めない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ハイドロキノンは強い成分のため、用法、用量を守り、適切に使用することが大切です。そして、100人に数人程度とごく稀ですが、ハイドロキノンに対してアレルギー症状が出る方もいらっしゃるので、まずはパッチテストをしてから使用するようにしましょう。

人によっては強いアレルギー症状が出る場合もあり、大変危険ですので、ハイドロキノンアレルギーや自分のアレルギー体質について、気を配っておきたいところですね。

アレルギー性接触皮膚炎の症状とは?

hysd65045111

化粧品などを肌につけた時に、かぶれやヒリヒリとした痛み、痒みが起こった経験はないでしょうか?敏感肌と違いすぐにその症状が現れるのが特徴です。何かの物質に触れることで起こるかぶれなどの症状は、接触皮膚炎と呼ばれています。

そして、接触皮膚炎の中には刺激となるような物質に触れると起こる刺激性接触皮膚炎と、ある特定の物質にアレルギーを持った人が反応するアレルギー性接触皮膚炎があります。刺激性接触皮膚炎の例としては、刺激の強い洗剤を使用してかぶれたり、毒性のある植物などでも症状が起こります。

刺激性接触皮膚炎の起こる原因物質は限られていますが、アレルギー性接触皮膚炎を引き起こす物質は金属や植物、化粧品の成分や添加物、衣類やゴム製品など多岐に渡ります。アレルギーを起こす物質(アレルゲン)に対して免疫細胞が過剰に反応することによって、かぶれや痒みなどが起こってしまうのです。

ハイドロキノンのような刺激の強い物質でアレルギー症状が出ると、症状も強く現れる可能性もあるので、注意が必要です。アレルギー性接触皮膚炎の症状が出た時には、水ですぐに原因物質を洗い流し、病院で適切な治療を受けましょう。

また、その物質にアレルギーを持っている人は2回目以降もアレルギー反応を起こしてしまうので、自分のアレルギーについて検査などで知ることも大切です。

ハイドロキノンが引き起こすアレルギー症状

ハイドロキノンにアレルギーを持った方がハイドロキノンに触れると、様々な症状が現れます。例えば、赤み、ひりひりとした刺激、痛み、痒み、表皮の剥がれなどが代表的な症状で、人によって軽い症状から重い症状まで程度は様々です。

症状が重い場合、灼熱感や猛烈な痒みといった強い症状が現れることもあります。ただ、このような症状は、ハイドロキノンと併用して使用することの多いトレチノインを使用した時の代表的な症状でもあるのです。

トレチノインはビタミンAの誘導体で、人間の体内にも微量に存在する物質のため、アレルギー反応を起こすことはありません。トレチノインの症状なのか、ハイドロキノンによるアレルギー症状かを見極めるのは困難なので、使用前にパッチテストを行い、アレルギーの有無を確認してから使用するようにしてください。

耳の後ろや二の腕などの柔らかい部分にハイドロキノンを少量塗り、24時間置いてアレルギー反応が起こらないか確認します。できれば48時間行うと、さらに良いようですが、心配な方は医療機関で検査を行って医師の指導の元で使用するとより良いですね。

ハイドロキノンのアレルギー症状には、白斑の症状もあり危険ですが、5%未満では報告されていません。ハイドロキノンを使用する時には濃度の低い物から試していくことも重要です。

アレルギー症状は体調によっても起こる

ハイドロキノンのアレルギー症状は、睡眠不足や疲労が蓄積されている時など、免疫力が低下した時に起こりやすいものです。また、生理中などホルモンバランスの変化によっても症状が悪化することもあります。

そして、肌が乾燥してバリア機能が衰えている時にも、注意が必要です。さらに、アレルギー体質や敏感肌の方は特にハイドロキノンのアレルギー症状が出る可能性が高くなるので、必ずパッチテストを行い、使用中に症状が現れたらすぐに使用を中止してください。

効果の高いハイドロキノンですが、使い方を誤るとかえって肌を悪くしてしまうことになり兼ねないので、注意して使用していきましょう。

⇒40代向け!美白化粧品のランキング