biha71505769

美白化粧品を選ぶ時に、どのような基準で選べばいいのか難しいものですよね。迷った時には「医薬部外品」「薬用」などと表記され、効果がしっかりと謳われていればなんとなく安心できて、効果も高いように思えますね。

しかし、化粧品の成分を選ぶのは自分の目的や肌質に合った成分を選ぶことが大切です。市販の美白化粧品は「医薬部外品」と「化粧品」に分類されていますが、化粧品が成分の上で医薬部外品に劣るというわけではありません。

美白効果に優れたハイドロキノンは、医薬部外品として認可されてはいませんが、医師の処方する医薬品としても使われるほど効果が高い成分なのです。それでは、医薬部外品とは一体どのようなものなのでしょうか?

厚生労働省の認可する効果・効能の医薬部外品

hyd71449577

医薬部外品とは、薬事法に基づき、医薬品と化粧品の中間に位置付けられたものです。効果・効能をアピールでき、薬用などとも記されることもあります。医薬品は治療目的で医師による処方が義務付けられていますが、医薬部外品はそれに準じるものという位置づけです。

医薬部外品として厚生労働省に許可されるためには、厚生労働省の許可した有効成分を一定の濃度で配合している必要があります。基準を満たして厚生労働省に手続きをすると、その化粧品は効果・効能を謳うことができるメリットがあるのです。

ただ、あくまで予防のための成分で、医薬品のように治療目的のものではありません。また、有効成分が一定の濃度に定められているため、それ以上の濃度を配合することはできず、効き目は緩やかなものとなります。

ハイドロキノンは医薬部外品に認可されていない

hy172614450

美白化粧品として厚生労働省に認可されている成分は、アルブチン、エラグ酸、カモミラET、トラネキサム酸、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、リノール酸、ルシノール、t-AMATHAが挙げられます。

これらはシミやくすみなどを予防できる予防型美白成分であり、ハイドロキノンのようにできてしまったシミを薄くできることが認められた成分ではありません。関連記事:ハイドロキノンでシミを消す美白効果のメカニズムと注意点

ハイドロキノンは予防型美白成分ではないため、厚生労働省に認可されてはいませんが、レーザー治療のようにできてしまったシミに直接アプローチできる数少ない成分です。医薬部外品は確かに安心なところはありますが、シミを消すという目的があるなら、ハイドロキノンを検討に入れても良いでしょう。

医薬部外品と全成分表示の義務付け

厚生労働省に認可されているため、安全性に定評のある医薬部外品ですが、実は医薬部外品には全成分表示が義務付けられていません。指定表示成分のみの記載が許されているため、安全性が疑われるところもあるのです。

その点、医薬部外品ではない化粧品には全成分表示が義務付けられているため、自分にとって合う成分、必要のない成分を見極めることが可能となります。効果・効能がはっきりと謳われているのは魅力的ですが、成分表示がしっかりと記載されていることは、より自分に合った化粧品を見つけやすくしてくれるのです。

2001年の薬事法の規制緩和によって、化粧品にも配合できるようになったハイドロキノン。その後技術開発が進み、独自の技術でハイドロキノンの浸透力を高めた商品や安定性を高めた商品など、低濃度でも効果の高い美白化粧品が開発されています。

ハイドロキノンには、医薬部外品という位置づけの商品はありません。しかし、医薬品として医師に処方してもらったり、自分で成分を選べる化粧品として市販で手に入れられるので、美白化粧品の選択肢の一つに入れてみるのも良いのではないでしょうか。

⇒40代向け!美白化粧品のランキング