hyd002731543

年齢を重ねるうちに、いつの間にか増え続けているシミ。できてしまったシミはどうしようもないと思いがちですが、レーザー治療などの高額な方法を用いなくてもシミの改善が手軽にできるようになってきています。

美容先進国であるアメリカなどではシミ、そばかす対策などへの美白効果がとても高い成分として、ハイドロキノンが化粧品に幅広く配合されてきました。

日本でも医薬品としてハイドロキノンが使用されてきましたが、2001年の規制緩和により、市販の化粧品などにも配合され、手に入りやすいものとなったのです。ハイドロキノンとは、シミにどのような効果があるのでしょうか?

肌にどんどんシミが増えていくメカニズムとは?

hyd002750800

肌にシミができる原因は紫外線だけではなく、ニキビなどの炎症、間違ったスキンケアによる摩擦や刺激も原因となります。また、睡眠不足、ストレス、食生活の悪化などにより、体内に発生する活性酸素もシミの原因となるのです。

そして、シミの主な原因と言えば紫外線ですが、まず、紫外線を浴びると、角質細胞がメラノサイトに情報を送ります。その情報を元に、メラノサイトは酸化還元酵素チロシナーゼを活性化させます。

チロシナーゼが活性化すると、血液中にあるチロシンという物質がチロシナーゼによって酸化され、シミが作り出されるのです。シミが増えても、ターンオーバー(肌の再生・生まれ変わりの周期)によって薄くなっていくものですが、ターンオーバーが正常に行われないとシミが排出されずにどんどん溜まっていってしまいます。

シミ予防とシミ消しが同時にできるハイドロキノン

ハイドロキノンの優れているところは、シミの予防、さらにできてしまったシミにもアプローチできる点です。ハイドロキノンは、シミの原因となるメラニンを作り出す細胞、メラノサイトに働きかけ、メラノサイトの活動を抑制し、メラニンの産生を抑えます。

また、メラニンを作り出す酵素(チロシナーゼ)の働きを阻害することでも、シミ予防となるのです。ハイドロキノンの美白効果は、コウジ酸やビタミンC誘導体などの一般的な美白成分の10~100倍あるとも言われる非常に高い効果を発揮してくれます。

そして、ハイドロキノンはシミの予防だけでなく、できてしまったシミを漂白する作用もあります。紫外線などによって酸化され、黒くなったメラニンをハイドロキノンの還元作用によって酸化を還元することで、メラニンの色を薄くする効果があるのです。

ハイドロキノンは、最も一般的な老人性色素斑の他にも、そばかすと呼ばれる雀卵斑、肝斑、炎症後色素沈着など様々なシミに効果があります。ただ、深い層にあるアザのようなシミには浸透しないので、その場合はレーザー治療が良いでしょう。

ハイドロキノンは使い方を誤るとシミを濃くしてしまうことも

まず、ハイドロキノンは刺激の強い成分なので、人によっては刺激が強すぎて炎症を起こし、肌トラブルを起こす可能性があります。敏感肌の方、アレルギー体質を持った方などは使用を避けた方が賢明ですが、もし使用するなら必ずパッチテストを行ってから使用しましょう。

それから、ハイドロキノンを塗ったままの状態で紫外線を浴びると、シミが濃くなってしまいます。なるべく、外出を控えたり、夜にハイドロキノンを使用すること、外出時はもちろん部屋の中でも紫外線対策をするなど、紫外線から肌をしっかりと守ってください。

長期間同じ場所にハイドロキノンを塗り続けたり、塗り過ぎてしまうのも危険ですので、用法、用量に従い、薄い濃度のハイドロキノンから試していくことも大切です。何か不安なことがあれば、すぐに医療機関を受診するよう心がけ、注意深く取り扱っていきましょう。

⇒40代向け!美白化粧品のランキング