お肌をきれいに見せるために使うファンデーションですが、自分の肌質にあっていないものを使用するといろいろと肌トラブルを起こしてしまいます。

乾燥肌なのに保湿成分の配合されていないファンデーションを使うと、乾燥が加速して小じわの原因になってしまいますし、乾燥しすぎた肌を保護しようと分泌される皮脂が多くなるのでTゾーンなどは特に脂性のようにギトギトになりやすいです。

逆に脂性の方が油分の多いべたつきがちなファンデーションを使ってしまうとヨレや化粧崩れの原因にもなってしまいます。

乾燥肌ならリキッド、クリームタイプ

お肌がカサツキがちな乾燥肌の人に向いているファンデーションは、リキッドファンデやクリーム状になっている美容液ファンデーションです。

美容液ファンデーションはお肌を守ってくれる保湿成分、ハリを保つ成分などが配合されているので、保湿力が高く、使い続けることでお肌をしっとりさせ乾燥肌を改善しやすくなります。

ちょっとした時間にもサッと取り出せて化粧直しがしやすいなどの使いやすさから便利なパウダーファンデーションを使っている人も多いですが、カサカサ肌の人には向いていません。

パウダーが定着しづらく浮いてい粉っぽくなったり、皮脂の分泌が多い部分にはしっかりと定着するので、そこだけ厚化粧なメイクになってムラができてしまいます。

乾燥肌向けファンデ

⇒ 乾燥肌におすすめのファンデーション クリアエステヴェール

30代、40代のファンデーションは保湿がポイント!

乾燥肌でない人も少しずつお肌の水分が保てなくなってくる30代・40代以降になるとこれまでは大丈夫だったファンデーションでも粉をふくようなカサカサした使用感を覚える場合もあります。

こういった乾燥したお肌には、しっとりとさせてくれるタイプのファンデーションをお勧めします。とくに、エイジングケアも同時にできる美容液ファンデーションはつけているだけで保湿ケアもしてくれますから、小じわ、ちりめんじわなども予防できます。

美容液ファンデーションで保湿ケア

美容液ファンデーションも多く販売されているますが、薬用クリアエステベールシルキーモイストファンデーションはカバー力もあり伸びもいいので使いやすいです。薄付きなのでムラになりにくいのもgoodです。

こういった美容液ファンデーションはコラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタエキス、セラミド、コエンザイムQ10、スクワランなどが入っているので自分が求める成分を確認してから選ぶといいですね。

乾燥肌から敏感肌へ悪化するのを保湿ファンデで予防

乾燥肌というのはエアコンや気候によっての空気の乾燥、紫外線の影響などでお肌に水分が少なくなってしまう状態です。よく耳にしますし、大人になれば多くの方が乾燥肌になるといっても過言ではありません。

通常の乾燥肌のような症状はないけれど、肌の内部に水分が不足しているインナードライ肌というタイプもあります。「乾燥肌でも普通に化粧水とかつけてれば大丈夫!」という感覚で安易にとらえていることも多いものです。

しかし、この乾燥肌を適切に保湿せずに放置してしまうと敏感肌に進行してしまうことがあります。敏感肌はちょっとの刺激でもすぐに肌が赤くなったり、ヒリヒリ、ピリピリと痛くなるなどの症状が出る厄介な状態です。

低刺激な敏感肌用のコスメも多いですが、こういったお肌に優しい化粧品を使用しても染みてしまって、痛くてどんな化粧品も使えないほどに悪化することもあるんです。そうならないためにも、まだ自覚症状がなくても保湿できるファンデーションを使うことはとても大事なことです。

30代・40代のトラブル肌をなめらかにきれいに見せてくれるだけでなく、敏感肌にならないようにも予防してくれるので、メイクだけでなく保湿もできる美容液ファンデーションを使うようにしたいですね。

⇒ 40代におすすめ!ファンデーションランキング