ニキビができてしまった肌にファンデーションをつけたら、肌が悪化してしまいそうで躊躇してしまうこともありますよね。ただ、ニキビがあれば、できればファンデーションで隠してしまいたくなるものでしょう。

そんな時には、ニキビを悪化させないような安心して使えるファンデーションを使用したいところです。ニキビを悪化させない化粧品として皮膚科医などでも推奨されているのがノンコメド化粧品です。ファンデーションにもノンコメド表記の商品がありますよ。

おすすめノンコメドファンデーション

ETVOS(エトヴォス) ミネラルファンデスターターキットM


SPF30 PA++で紫外線もシャットアウト。乾燥で目立つ毛穴もしっかりカバーします。ミネラルファンデ、化粧下地、ブラシがセットになったスターターキットです。
防腐剤、香料、合成着色料は不使用。
⇒ ETVOS(エトヴォス) ミネラルファンデスターターキットM 公式サイトへ

ニキビができにくいノンコメドのファンデーションとは?

ノンコメド化粧品とは、「ノンコメドジェニックテスト済みの化粧品」のことを言います。「コメド」とは直訳するとニキビのことを言いますが、日本では角栓、つまりニキビの原因となるような毛穴の詰まりを意味するととらえられることが多いです。

ノンコメドジェニックテストとは、製品を塗った部分に、そういったニキビの初期症状の角栓が現れるかを観察するテストです。一般的には脂性肌の方を被験者として、4週間の期間の間、数回に渡ってテストを繰り返した結果、コメドができにくいと判断された製品が「ノンコメドジェニックテスト済み」と明記することができます。

ノンコメドジェニックテスト済みがおすすめ

ただ、今のところノンコメドジェニックテストに明確な基準はなく、承認制度などもないため、メーカーの判断に任されている部分があります。ノンコメドジェニックテスト済みだからと言って、確実にニキビができないというわけではなく、判断材料の一つと考えておきましょう。

ニキビを悪化させないためには、刺激を与えないこと、毛穴を詰まらせないようにすること、通気性を良くすることが大切です。また、ファンデーションを洗い流す時のクレンジング剤や、洗う時の摩擦も肌に刺激を与えてしまうので、クレンジング剤が必要なかったり、簡単に洗い流せるものを選ぶといいですね。

ニキビにはパウダータイプのファンデが吉

ニキビができてしまった時に液状のリキッドタイプのファンデーションを使うと、油分が多いために毛穴詰まりを起こしやすくなってしまいます。また、通気性が悪くなり、肌への刺激となる添加物が含まれている商品も多いため、ニキビを悪化させてしまうのです。

もちろん、カバー力などリキッドファンデーションにはメリットもたくさんありますが、ニキビがひどい時には一旦使用を中止するのも良いでしょう。パウダータイプのファンデーションなら、肌への負担も少なく、さらっと軽い質感で通気性も良くなります。普段ファンデーションの仕上げとして使っているルースファンデーションを単体で使うと、メイク後のクレンジングも簡単になって負担が軽減されます。

ニキビ肌にも優しいミネラルファンデーション

天然鉱物のみで作られている商品もある、肌に優しいミネラルファンデーションは、ニキビ肌にも最適と言われています。ニキビに悪影響となる刺激が最小限に抑えられ、メイク落としもクレンジング不要の商品が多いです。ただ、ミネラルファンデーションだから全て安全ではなく、添加物や肌の刺激となる天然成分が含まれていることもあるので、成分のチェックは怠らないようにしましょう。

そして、メイクをする時はニキビを刺激しないように、なるべく触らないようにします。メイク落としの時はしっかりと洗い流し、その後たっぷりと保湿しておきます。
ニキビができてしまった時は、ノンコメドのファンデーションも考慮に入れますが、それ以上にニキビを悪化させないようなスキンケアを心がけていきましょう。