生理前になると身体的、精神的に不調が現れるPMSの症状、その代表的症状がイライラや無気力などの精神的に不安定な状態です。生理前になるとホルモンバランスが変化することにより、自律神経のバランスも崩れてしまい、精神的な不調が現れます。

また、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」の分泌が低下することも、イライラや無気力に繋がってしまうのです。生理前のイライラや無気力などの症状には、どのように向き合っていけばいいのでしょうか?

生理前のイライラや無気力が悪化する負の連鎖

生理前になるとイライラや無気力など、普段とは違った精神状態に悩まされる方は多いものです。生理前のこのような不調は女性の体にとって重要なホルモンバランスの変化によるもので、何ら落ち度があるわけではありません。

しかし、真面目な人ほど、イライラして他の人に八つ当たりしてしまう自分や、何事にもやる気が出ず、普段と同じように家事や仕事をこなせない自分に対して否定的になってしまいます。そして、上手くいかない自分を責めることで精神のバランスを崩し、さらに症状を悪化させてしまうのです。

また、生理前にはホルモンバランスの影響で、胸の張りや腹痛、腰痛、頭痛、便秘、下痢などの体にも不調をきたすため、それが原因で無気力になることもあります。生理前には自分の体や心をいたわり、ゆっくりと休めるような環境を作ることも大切なのです。

自分の生理周期を見極めて理解し、症状を受け入れること

まず、生理前のイライラや無気力などの症状を緩和するためには、自分の症状を受け入れることが必要です。何が何だか分からずに精神状態がよくなければ、パニック状態にもなり、自分を責めることにも繋がります。

PMSが原因のイライラや無気力の場合、生理が始まったら症状が治まるという特徴があります。自分の生理周期を見極め、生理前になって精神的に不安定な状態になっても原因が分かっていれば、落ち着くこともできます。

また、自分一人の力ではいくら症状を理解していても、対処しきれないこともあるでしょう。生理前の不安定な症状は恥ずかしいことではないので、両親やパートナーなどに相談して、自分の症状を理解してもらうことでお互いの対応も変わってきます。また、仕事も無理をせずに仕事仲間にも頼れるところは頼って、PMSによってできなくなってしまうことも受け入れていきましょう。

イライラや無気力などの症状は別の病気も疑ってみること

PMSの症状と割り切ろうとしても、どうしても耐えられないようなイライラした気持ち、無気力で消えてしまいたくなるような激しい落ち込みなどの症状はPMDDも疑わなければなりません。PMDDとは生理前にだけ起こる限りなくうつの症状に似た症状で、PMSの症状の中でも精神的な症状が強く出る状態です。

うつ症状に似ていて、自殺などにも繋がる可能性もあり、とても危険な状態です。PMSとは対処法も異なるため、心療内科を受診して適切な治療を受けていきましょう。PMSの症状も軽く見ず、婦人科を受診すれば症状を緩和する治療をしてくれるので、無理をせず相談したいですね。

生理前のイライラや無気力を緩和する方法とは

生理前にイライラや無気力の症状が起こったら、まずはゆっくりと体を休め、心身をいたわっていきましょう。また、食事や生活習慣を改善することもPMSの症状の緩和に繋がります。ストレッチや適度な運動は気分転換にもなるので、疲れない程度に運動したいですね。

食事は刺激物は精神症状に悪影響を及ぼすため控え、ビタミンやカルシウム、マグネシウムなど悪い精神状態を和らげてくれる食材を取り入れていきましょう。ホルモンバランスを整えるのも良い方法なので、チェストベリーのようなハーブやエクオールサプリメントなども考えていきたいですね。

▼エクオールサプリでPMS解消

▼チェストベリーでPMS解消

PMSサプリ 生理前のお腹のハリ・眠気に【めぐルナ】初回購入(CoCoRo)