肌が乾燥すると様々な肌トラブルになりますが、代表的なものに、ちりめんじわがあります。目の下に近くで見ないとわからないような薄い細かい皺が出来ることがありますが、この皺のことです。

ちりめんじわがある肌は張りがなく、たるんでしまっていることが多いために活気がなくみられたり肌がくすんで不健康にもみられがちです。

ちりめんじわが出来ると、皮膚に張りがなく表皮が伸びたりするたのにベースメイクがしづらく、特にファンデーションのノリが悪くなります。

また、目の下や目の周りにできてしまった場合は、実年齢よりも年を取った雰囲気になってしまうので治してしまった方がアンチエイジングの面でも有効です。

しわ消しに効果的な化粧品

icon-rank01-01 ビーグレン 目元ケア


目の下のしわ、ちりめんじわ対策にはやっぱり目元専用の化粧品が一番効果的なんです。特にビーグレン目元ケアは、しわ消しだけでなく、くすみ、たるみにも対応していてエイジングケアにぴったりです。[365日返金保証あり]

⇒ ビーグレン 目元ケア 公式サイトへ

 

icon-rank01-01 アイクリームGracieux+


目元のシワ、たるみ、くすみ、シミ、美白ケアがまとめてできるGracieux+(グラシュープラス)は抗シワ製品評価試験実証済みのクリームです。セラミド、トリプルヒアルロン酸、ダブルコラーゲン配合。

⇒ アイクリームGracieux+ 公式サイトへ

 

ちりめんじわは消すことができます

menositatirimen
ちりめんじわを解消する効果的な方法は、お肌に潤いを与えることです。ちりめんじわの原因はお肌の乾燥ですから、水分量がアップするような保湿対策が必要です。まずは、洗顔の見直しと丁寧なスキンケアの実施をしていきましょう。

保湿化粧品などの浸透を良くしようという目的や、肌のくすみ、肌のざらつきを解消しようと、洗顔にスクラブ入りの洗顔料を使うこともありますが、ちりめんじわができてしまった場合はおすすめできません。

スクラブ入りの洗顔料は表皮を傷つけてしまい、乾燥肌敏感肌をさらに悪化させてしまいます。また、肌の守ってくれる皮脂も過剰に落とし過ぎるので、逆に肌トラブルを増やしてしまいますので使うのはやめておきましょう。

皮脂の取り過ぎを予防ためにも洗顔はやさしく行い洗浄力が高いものは避けたほうが無難です。ちりめんじわのケアには洗顔後にすぐ保湿のスキンケアをするようにしましょう。時間がたつと顔の水分が蒸発するときに肌内部も乾燥してしまうからです。

しわ消しに効果的な成分はセラミド

このとき使用する保湿化粧品はしわ予防や改善によい美容成分が配合されているものを使用すると早く効果が表れます。目元専用のアイクリームや保湿力のあるセラミド配合のものがおすすめです。(おすすめアイクリームランキングを見る

⇒顔のしわ対策化粧品はこちら

目の下、目の周りの肌の潤いを取り戻す方法としては、血行をよくする温めたタオルを目の上にしばらく置いても効果的です。血行が良くなることで肌のくすみと取れ、眼精疲労など目の疲れやストレス、筋肉の疲れなどを解消させることができるので筋肉のこわばりによるしわもできにくくなります。

そして、その後に使う美容、保湿成分配合のクリームやローションを使う事でより保湿効果を高める事が出来ます。ちりめんじわは、老化などで出来る大きな皺とちょっと違って、肌を保湿させることで目立たなくさせることが出来るタイプのものなので、諦めずに保湿ケアしていきましょう。

しっかりとスキンケアや洗顔後のアフターケアを行っておけば予防や解消もほかのシワのように大変ではありません。少しでも早く効果が出てば・・・というのなら、美顔器を使ってイオン導入をしてみるのもよいでしょう。美容成分がお肌に浸透しやすくなりますよ。

ちりめんじわができる原因

 

年齢を重ねるごとに、しわは気になってくるもの。スキンケアをちょっと油断しただけでも、特にちりめんジワは一気に出てきます。ちりめんジワの原因のひとつはお肌の乾燥です。

大きな深いしわと違って肌の乾燥対策をきちんと継続すれば、ちりめんジワを目立たなく消していくことは可能なんです。

目元や、口元にしわが出来ると、年齢より上に見られてしまうので、しわを作らないことは、若さを保つためにとても大切なことですよね。

お肌の水分は乾燥だけでなく、新陳代謝の低下、睡眠不足、紫外線によっても徐々に低下していきます。肌の健康を保つには肌に潤いを与えるだけでなく、体の中から健康であることも大切なのです。

早く解消しないと深いしわになることも

ちりめんジワは放っておくと、表情筋に合わせて深いシワになってしまうことがあるので、早めの対処が必要です。季節的に乾燥しているからと安易に考えて油断をしていると、このしわは定着して消えにくくなってしまいます。

一度、深いシワになってしまうと、そのシワを消すにはかなりの時間がかかりますし、ケアの方法や年齢によっては消すことは困難です。

もしかしたら、シワかな?と思ったら、すぐに対処しましょう。目元は特に皮膚が薄く、ちりめんジワができやすいので気をつける必要があります。

目の周りにちりめんジワができてしまったら、お化粧のノリが悪くなりますから、さらにしわが目立ってしまいます。シワにファンデーションが入り込んでしまうと、お肌にも悪影響を及ぼします。これが悪循環につながるのです。

保水、保湿ケアでちりめんじわ解消

元気なお肌にもどすには、毎日お肌にたっぷり水分を与えることです。潤いを与えると、ハリがもどり、シワも目立たなくなり小さいちりめんじわは消えてしまうことも多いです。

なかなかシワが消えないからといってあきらめず、毎日しっかり水分を与え、潤いを閉じ込める化粧品を使い、ちりめんシワとさよならしましょう。

この時使用する化粧品はこれまで使っているものでは実力が足りないことも多いですから、保湿成分のセラミドが入っている化粧水を使用するなどするとよいでしょう。

成分がよくわからないというのであれば、しわ対策に人気のある化粧品を選ぶと間違いがありませんよ。

ちりめんじわにはセラミドが効く

se71107473

乾燥肌で悩んでいる方はとても多く子供のころから「粉が吹く」と保湿クリームを全身に塗ってきたという方も多いでしょう。大人になるとお肌の乾燥は顔にも大きな問題となってきます。

乾燥肌に化粧水や乳液、美容液を使って保湿ケアしてきても、30代後半、40代以降になるとついに耐えきれずに、乾燥し続けてきた肌にちりめんじわができてしまうということもあります。

保湿ケアが十分ならちりめんじわが消える?

ちりめんじわは乾燥小じわともいわれ、他のシワと比較しても乾燥がとても大きな要因になっています。おでこのシワや目尻のシワなどと違ってちりめんじわは保湿すれば目立たなくなる、消すことができるシワなのです。

お肌のハリ、ツヤを維持し、シワができるのを避ける為によい成分にはいろいろありますが、その中でも特に大切なのがお肌の水分量を上げ、保湿がしっかりできるセラミドなんです。

お肌の乾燥にセラミドの保湿効果

肌の乾燥を避ける為には、保湿ケアがより重要になってきます。保湿成分には、グリセリンやベタイン、ヒアルロン酸、コラーゲン、リピジュアなど、様々な物がありますが、その中でもお肌に特に弾力を与えてくれるのがセラミドなのです。

セラミドがもともとお肌に存在するのですが、それが極端に減った場合にも肌荒れを起こしやすいので、お肌にトラブルを持つ方や、肌荒れ、乾燥の酷い方などには特に良い成分だと言われています。

セラミドの効果、働き

セラミドのお肌への働きは、皮膚の一番上にある角質層の中に存在するセラミドが、水分をスポンジのように吸い込んで溜め込む・・・そんな役割をしてくれています。セラミドが不足すると、角質が乱れ、その隙間なら水分が蒸発して逃げてしまい肌荒れ、乾燥肌、敏感肌へとつながっていきます。

セラミドが減ってしまう原因には様々な物がありますが、加齢、ホルモンバランスの低下や、紫外線での影響、不規則な生活やストレスなどでさらに減少しやすくなります。

乾燥肌を防ぐにはセラミドを含んでいる基礎化粧品を使用することです。食べ物やサプリからセラミドを摂取しても消化されていく過程の中でお肌に届くのはごく一部ですから、化粧品でお肌に使用するのが効果的な使い方になります。

セラミド配合基礎化粧品で保湿ケア

セラミド配合の化粧水、オールインワンゲルなどの基礎化粧品もたくさん販売されています。セラミドは低下したお肌のバリア機能も正常化してくれるので敏感肌の改善や予防にもなります。

⇒ セラミド配合オールインワンゲル

ちりめんじわは深くないしわですが、肌のたるみや毛穴の開きなども強調させるので老けて見られてしまいます。目の下など、比較的皮膚の薄い部分などは、基礎化粧をして数時間経ってしまうとシワが発生する事などは、体験されている方も多い事でしょう。

とにかく保湿ケアに重点をおいてスキンケアを行えば消すことのできるシワですから、毎日気を抜くことなくしっかりとお肌に水分を与えてあげましょう。

⇒ ほうれい線を消す化粧品、シワ消しクリームランキング

ちりめんじわに効く美容液とは

tir50439711

目元の皮膚は顔の中でも特に薄いため、潤いを保持することが難しく乾燥しやすいうえに、瞬きで動かすことも多いために年齢にかかわらずちりめんじわになる事が多い部分なのです。

ですから、早いうちから目元専用の美容液などを使用して目元の保護を行う事が、ちりめんじわには大変効果的です。保湿のための化粧品には、様々なものがありますが、なるべく目元専用の美容液を使うべきです。

目元は非常にデリケートなので、刺激の強いものではトラブルを引き起こしてしまいますし、軽いテクスチャーでないと薄い皮膚をたるませてしまう可能性もあります。目元のケアのために作られた専用の化粧品であれば塗り心地がべったりと重いこともないでしょう。

目元専用の美容液を正しく使う

しかし、ただこうした美容液を使用すればちりめんじわを必ず防げるという訳ではありません。正しい使い方をしてこそ初めてちりめんじわに効果が見られるものです。

まず、目元専用の美容液を塗布する時は、強い力で擦るようにすると逆にシワを作る原因になってしまいます。美容液は指先で優しく軽く触れるようにそっと塗りましょう。

また、ちりめんじわは酷い場合は、美容液は朝と昼だけではなく、日中に乾きを感じた時には小まめに美容液でケアすることで、ちりめんじわを目立たなくさせたり、新たな発生をかなり防ぐことが出来るのです。メイク上からだと難しいので自宅にいる時だけ行うというのでも効果は表れます。

保湿タイプ?エイジングタイプ?

目元用の美容液には、保湿を重視するタイプのものと、レチノールなどのアンチエイジング成分が配合されたタイプのものがあります。ちりめんじわができ始めでひどくないなら、乾燥が主な原因ですから前者のタイプでも大丈夫です。

しかし、40歳を過ぎたら保湿だけではなくアンチエイジング効果のある美容液を選ぶとより効果的に目元のケアを行えます。ついでに目尻の笑いジワや眉間のシワも予防できますね。

このように、目元のちりめんじわには、年齢に応じて美容液を使い分け、適切な方法でケアすることがコツとなります。

早く効果を出したい場合は美顔器も

美容液、保湿クリームなどでシワを消したいとはいっても、さすがに1週間や2週間で完全にちりめんジワが消えてくれることはありません。

保湿ケアがしっかりできていれば、その美容液やクリームをつけていから数時間はシワが目立ちにくくなって、ちりめんじわがなくなった!ように感じることはあるでしょう。

しかし、使用してからの時間が長くなれば保湿効果は薄れカサカサな肌が目立ってきます。ちりめんジワを完全に消すための時間を短縮したいなら、美顔器の使用もおすすめです。

普通に肌に塗っているだけでは角質層の奥まではなかなか浸透しないものです。美顔器のイオン導入機能を使えば美容成分を奥深くまで浸透させることができますし、クレンジング機能を使えば美容成分が浸透しやすく、また、EMS機能ならたるみを解消することに役立ちます。

⇒40代にオススメの美顔器ランキングはこちら

 

肌の乾燥が主な原因のちりめんじわですが、化粧水メインの保湿ケアでは不十分なことが多いので、美容液や美顔器を使って早く解消させましょう。

ちりめんじわに効くサプリメント

sap224317475

シワにもいろいろありますが、まず初めに気になり始めるのが、小さくて浅いシワのちりめんじわです。目の下などに細かくできているしわではじめは毛穴?くらいに思ってしまうことが多くケアが遅くなってしまいがちです。

お肌の乾燥がちりめんじわを作る

肌の乾燥がちりめんじわに大きく関係しています。肌が乾燥する事で肌の奥にある角質層の水分が失われてしまい、それによって肌の弾力がなくなってしまいます。

そうすると肌の表面がゴワゴワになり、シワに繋がってしまいます。乾燥している肌は、バリア機能が低下してしまい、さらにお肌の水分が蒸発しやすくなっていますから、とてもシワが出来やすい状態なのです。

ちりめんじわに気づいてもそのまま放っておくと、そのうち目立つ大きな深いシワになっていきますから、早いうちにちゃんと保湿ケアをする事が大切です。

ちりめんじわはなかったことにできる!

memotitirimenjiwa
しわは一度できたら化粧品では消せないというのが常識っぽくなっていますが、ちりめんじわは肌老化でできたしわよりも、自力で改善しやすいという特徴があります。

原因が乾燥ですから、しなびてしまった野菜と同じで、ちょっとだけしなびているなら、水やお湯につけてあげると水分をすってパリッとした元気な状態に戻ります。

ちりめんじわも同じで早くケアすればするほど、元のシワのない状態に戻れる可能性が高いのです。ちりめんじわのできる場所によっては、専用の保湿クリームも有効な手段です。

ちりめんじわが目立ちやすいのは目元ですが、皮膚が薄くデリケートなためしわが出来やすい部分でもありますから、こまめにケアしてあげる必要があります。目元用のアイクリームを使う事もちりめんじわ対策に効果があります。

保湿サプリで体内からも保湿しましょう

ちりめんじわを消すのに、一番大切な事は、体の内面から肌に保湿を与える事です。年齢を重ねていくと、コラーゲンやヒアルロン酸といった、潤いのある肌を作るのに大切な美容成分が失われてしまいますから、補給する必要があります。

特にコラーゲンとヒアルロン酸は、美肌作りには欠かせない成分です。コラーゲン、ヒアルロン酸は、食事で摂取する事ができますが、普段の食生活からでは、なかなか充分な量を摂る事ができません。

しかし、保湿サプリを利用すれば、簡単に摂取する事ができます。保湿サプリにもいろいろな種類がありますが、ちりめんじわに効果がある保湿サプリは、コラーゲンサプリです。

▼体の内側から保湿するならアミノ酸が黒酢の約90倍のこちらがおすすめ

保湿サプリを取り入れて肌に潤いを与える事で、角質層に潤いを閉じ込める事ができ、肌に弾力を与えてちりめんじわが出来にくい肌に変わる事ができます。

40代になりますとどうしても老化の面も気になってきますよね。サプリは体内からアンチエイジングをするのに期待できますが、大切なのは同時にスキンケアもこれでもか!というくらいに十分に行っていくことです。

美容成分が浸透しやすいナノ化された化粧品に変えるとか、肌にハリを取り戻す成分を含んでいるものを使うなども考えてみてください。また、こういった美容成分をさらに角質層の奥深くまで浸透させるために、美顔器を使うのもお勧めの方法です。